NSX オンデマンド NAT ネットワーク コンポーネントまたは NSX オンデマンド ルーティング ネットワーク コンポーネントをデザイン キャンバスに追加すると、その設定をブループリント内の 1 つ以上の vSphere マシン コンポーネントに関連付けることができるようになります。

始める前に

  • NSX のネットワーク設定を作成および構成します。vRealize Automation の構成および『NSX 管理ガイド』を参照してください。

  • vRealize Automation 用の NSX プラグインがインストールされ、NSX インベントリがクラスタで正常に実行されたことを確認します。

    vRealize AutomationNSX 設定を使用するには、NSX プラグインをインストールしてデータ収集を実行する必要があります。

  • ネットワーク プロファイルを作成します。

    たとえば、オンデマンド NAT ネットワーク コンポーネントを追加する場合、NAT のネットワーク プロファイルを作成します。

  • インフラストラクチャ アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • デザイン キャンバスで新規または既存のブループリントを開くには、設計 タブを使用します。

このタスクについて

既存のネットワーク コンポーネントまたはオンデマンド ネットワーク コンポーネントをマシン コンポーネントと関連付けると、NIC 情報がマシン コンポーネントと一緒に保存されます。指定するネットワーク プロファイル情報は、ネットワーク コンポーネントと一緒に保存されます。

複数のネットワークおよびセキュリティ コンポーネントをデザイン キャンバスに追加できます。

ネットワーク または セキュリティ タブのないマシン コンポーネントの場合、デザイン キャンバスの プロパティ タブに、VirtualMachine.Network0.Name などのネットワークおよびセキュリティのカスタム プロパティを追加することができます。 NSX ネットワーク、セキュリティ、ロード バランサのプロパティを適用できるのは vSphere マシンだけです。

手順

  1. [カテゴリ] セクションの ネットワークとセキュリティ をクリックすると、使用可能なネットワークおよびセキュリティ コンポーネントの一覧が表示されます。
  2. オンデマンド NAT またはオンデマンド ルーティングのどちらのネットワーク コンポーネントを構成するかに応じて、いずれかのオンデマンド ネットワーク コンポーネントをデザイン キャンバス上にドラッグします。
  3. デザイン キャンバスで、コンポーネントを一意に表すコンポーネント名を ID テキスト ボックスに入力します。
  4. 親ネットワーク プロファイル ドロップダウン メニューから適切なネットワーク プロファイルを選択します。

    たとえば、オンデマンド NAT ネットワーク コンポーネントを追加する場合、NAT ネットワーク プロファイルを選択します。

    ネットワーク設定の次の項目に、選択したネットワーク プロファイルの値が使用されます。値の変更はネットワーク プロファイル側で行う必要があります。

    • 外部ネットワーク プロファイル名

    • NAT タイプ(オンデマンド NAT ネットワーク)

    • サブネット マスク

    • サブネット マスク範囲(オンデマンド ルーティング ネットワーク)

    • サブネット マスク範囲(オンデマンド ルーティング ネットワーク)

    • 基本 IP アドレス(オンデマンド ルーティング ネットワーク)

  5. (オプション) : 説明 テキスト ボックスにコンポーネントの説明を入力します。
  6. (オプション) : DNS/WINS タブをクリックします。
  7. (オプション) : ネットワーク プロファイルの DNS と WINS の設定を指定するか、入力されている設定を承認します。
    • プライマリ DNS

    • セカンダリ DNS

    • DNS サフィックス

    • 優先 WINS

    • 代替 WINS

    既存のネットワークの DNS または WINS の設定を変更することはできません。

  8. (オプション) : オンデマンド NAT ネットワーク コンポーネントの場合、DHCP タブをクリックし、IP アドレス範囲およびリースの長さを指定します。

    DHCP に設定する IP アドレス範囲の開始および終了値を編集します。DHCP を使用して仮想マシンがプロビジョニングされると、ネットワーク アダプタによってこの範囲内の IP アドレスが割り当てられます。これは、デフォルトでは固定ネットワーク アダプタです。IP アドレスの値を、関連付けられているサブネットで使用されているネットワーク アドレスやブロードキャスト アドレスの値にすることはできません。固定 IP アドレス範囲と重複させることはできません。

    DHCP は、一対多のオンデマンド NAT ネットワーク コンポーネントに対してのみ使用可能です。

  9. (オプション) : IP アドレス範囲の開始 テキスト ボックスに開始 IP アドレスの値を入力します。
  10. (オプション) : IP アドレス範囲の終了 テキスト ボックスに終了 IP アドレスの値を入力します。
  11. リース時間 (秒) テキスト ボックスに DHCP リースの長さを秒単位で入力するか、何も入力せずにリースの長さを無制限にします。NAT ネットワークの場合、IP アドレス範囲を変更することもできます。
  12. (オプション) : IP アドレス範囲 タブをクリックします。

    ネットワーク プロファイルに指定されている IP アドレス範囲が表示されます。 ソート順序や列の表示を変更できます。NAT ネットワークの場合、IP アドレス範囲値を変更することもできます。

  13. 完了 をクリックしてブループリントをドラフトとして保存するか、ブループリントの構成を続行します。

次のタスク

ネットワーク設定を続行するには、ネットワーク コンポーネントを追加し、デザイン キャンバス内の vSphere マシン コンポーネントの ネットワーク タブで各種設定を選択します。