カタログ アイテムをサービスに追加して、ユーザーにサービス カタログ内のアイテムを申請する資格を付与できるようにします。 1 つのカタログ アイテムには、1 のサービスのみ関連付けることができます。

始める前に

  • テナント管理者またはカタログ管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

  • サービスが存在していることを確認します。サービスの追加を参照してください。

  • 1 つ以上のカタログ アイテムが公開されていることを確認します。カタログ アイテムの設定を参照してください。

手順

  1. 管理 > カタログ管理 > サービス を選択します。
  2. カタログ アイテムの追加先のサービスを選択して、カタログ アイテムの管理 をクリックします。
  3. カタログ アイテム アイコン(追加)をクリックします。
    1. サービスに含めるカタログ アイテムを選択します。

      [カタログ アイテムの選択] ダイアログ ボックスに、サービスにまだ関連付けられていないアイテムのみが表示されます。

    2. 追加 をクリックします。
  4. 閉じる をクリックします。

次のタスク

  • カタログ アイテムにカスタムのアイコンを追加できます。追加したアイコンは、サービス カタログでアイテムといっしょに表示されます。 カタログ アイテムの設定を参照してください。

  • サービスまたはカタログ アイテムの使用資格をユーザーに付与して、ユーザーが、サービス カタログ内のサービスまたはカタログ アイテムを申請できるようにします。 資格の作成を参照してください。