vRealize Automation には、Amazon ブループリントとともに使用するための複数のインスタンス タイプが用意されています。管理者は、インスタンス タイプを追加および削除できます。

始める前に

IaaS 管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

IaaS 管理者によって管理されるマシン インスタンス タイプは、ブループリント アーキテクトが Amazon ブループリントを作成または編集するときにブループリント アーキテクトに対して利用可能になります。Amazon マシン イメージおよびインスタンス タイプは、Amazon Web Services 製品を介して利用可能になります。

手順

  1. インフラストラクチャ > 管理 > インスタンス タイプ をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規インスタンス タイプを追加し、次のパラメータを指定します。

    これらのパラメータに指定できる、利用可能な Amazon インスタンス タイプおよび設定値の詳細については、aws.amazon.com/ec2 の EC2 Instance Types - Amazon Web Services (AWS) および docs.aws.amazon.com の Instance Types にある Amazon Web Services のドキュメントから入手できます。

    • 名前

    • API 名

    • タイプ名

    • IO パフォーマンス名

    • CPU

    • メモリ (GB)

    • ストレージ (GB)

    • 計算単位

  4. 保存 アイコン(保存)をクリックします。

タスクの結果

IaaS アーキテクトは、Amazon Web Services ブループリントを作成するとき、カスタムのインスタンス タイプを使用できます。

次のタスク

エンドポイントからファブリック グループにコンピュート リソースを追加します。ファブリック グループの作成を参照してください。