vRealize Automation に組み込まれたデフォルトの vRealize Orchestrator インスタンスの構成を編集するには、vRealize Orchestrator 構成サービスを開始し、vRealize Orchestrator 構成インターフェイスにログインする必要があります。

このタスクについて

デフォルトでは、vRealize Orchestrator 構成サービスは vRealize Automation アプライアンスで起動されません。vRealize Orchestrator 構成インターフェイスにアクセスするには、vRealize Orchestrator 構成サービスを起動する必要があります。

手順

  1. vRealize Orchestrator 構成サービスを起動します。
    1. vRealize Automation アプライアンス Linux コンソールに root ユーザーとしてログインします。
    2. service vco-configurator start と入力して、Enter を押します。
  2. 完全修飾ドメイン名 (https://vra-va-hostname.domain.name) を使用して vRealize Automation アプライアンス 管理コンソールに移動します。
  3. vRealize Orchestrator コントロール センター をクリックします。

    https://vra-va-hostname.domain.name:8283/vco-controlcenter にリダイレクトされます。

  4. vRealize Orchestrator コントロール センターにログインします。

    ユーザー名は、vRealize Automation アプライアンス 管理者によって構成されます。

  5. (オプション) : 初めてログインする場合は、デフォルトのパスワードを変更して、変更の適用 をクリックします。

    新しいパスワードは 8 文字以上で、1 文字以上の数字、1 文字以上の特殊文字、1 文字以上の大文字が含まれている必要があります。