vRealize Orchestrator でインポート、構成、および登録したサードパーティの IP アドレス管理プロバイダ ソリューションを使用して、そのサードパーティ プロバイダから IP アドレスを取得できます。

このタスクについて

登録されているサードパーティの IP アドレス管理ソリューション プロバイダ エンドポイントを使用してゲートウェイ、サブネット マスク、DHCP/WINS 設定を取得する外部ネットワーク プロファイルを作成できます。

マシンのプロビジョニングで使用するため、ネットワーク プロファイルで固定 IP アドレスのネットワーク範囲を 1 つ以上定義できます。範囲を指定しない場合、ネットワーク予約ポリシーとしてネットワーク プロファイルを使用し、仮想マシン ネットワーク カード (vNIC) の予約ネットワーク パスを選択できます。

IP アドレス管理プロバイダを使わずに外部ネットワーク プロファイルを作成する方法と、提供されている内部 IP アドレス管理プロバイダ エンドポイントを使用して外部ネットワーク プロファイルを作成する方法については、提供されている IP アドレス管理エンドポイントを使用した外部ネットワーク プロファイルの作成を参照してください。

次のタスク

ネットワーク プロファイルを予約内のネットワーク パスに割り当てるか、ブループリント アーキテクトがブループリント内のネットワーク プロファイルを指定できます。外部ネットワーク プロファイルは、オンデマンド NAT またはルーティング ネットワーク プロファイルを作成するときに使用できます。