IaaS 管理者とファブリック管理者は、IaaS リソースを設定して既存のインフラストラクチャを vRealize Automation と統合し、インフラストラクチャ リソースを vRealize Automation ビジネス リソースに割り当てます。

IaaS リソースの設定チェックリストを使用すると、IaaS リソースの設定に必要な手順の概要を表示できます。

IaaS リソース設定のワークフロー


表 1. IaaS リソース設定のチェックリスト

タスク

vRealize Automation ロール

詳細

チェック ボックス 管理者レベルの認証情報をインフラストラクチャに保存します。

IaaS 管理者

ユーザー認証情報の格納.

次のプラットフォームのいずれかを統合する場合、認証情報を提示する必要はありません。

  • XenServer の Xen プール

  • XenServer

  • vSphere(システム管理者が統合認証情報を使用するようにプロキシ エージェントを設定した場合)

チェック ボックス インフラストラクチャのエンドポイントを作成し、vRealize Automation の管理下にリソースを置きます。

IaaS 管理者

エンドポイント シナリオの選択.

チェック ボックス ファブリック グループを作成してインフラストラクチャ リソースをグループに編成し、リソース管理のために 1 人以上の vRealize Automation ファブリック管理者を指定します。

IaaS 管理者

ファブリック グループの作成.

チェック ボックス vRealize Automation を介してプロビジョニングされたマシン名の作成に使用するマシン プリフィックスを設定します。

ファブリック管理者

マシン プリフィックスの構成.

チェック ボックス(オプション)ネットワーク プロファイルを作成し、プロビジョニングされたマシンのネットワーク設定を行います。

ファブリック管理者

ネットワーク プロファイルの作成

チェック ボックス 予約を作成、または必要に応じて予約およびストレージ予約のプロファイルを作成し、インフラストラクチャ リソースをビジネス グループに割り当てます。

  • ファブリック管理者としても設定されている場合は、IaaS 管理者

  • ファブリック管理者

予約と予約ポリシーの設定.