スマート カード認証に使用するコネクタ仮想アプライアンスを展開する前に、vRealize Automation コンソールから新しいコネクタのアクティベーション コードを生成します。アクティベーション コードは、ディレクトリ管理とコネクタ間の通信を確立するために使用されます。

始める前に

  • テナント管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

単一のコネクタまたはコネクタ クラスタを構成することができます。コネクタ クラスタを使用する場合は、必要な各コネクタに対してこの手順を繰り返します。

手順

  1. 管理 > ディレクトリ管理 > コネクタ を選択します。
  2. コネクタ ID 名 テキスト ボックスに新しいコネクタの名前を入力します。
  3. Enter キーを押します。

    コネクタのアクティベーション コードが コネクタ アクティベーション コード ボックスに表示されます。

  4. OVA ファイルを使用して、コネクタの構成に使用するアクティベーション コードをコピーします。