vRealize Automation によるサードパーティ製 IP アドレス管理プロバイダの使用をサポートし、vRealize Automation で使用される IP アドレス管理エンドポイント タイプを登録するために、vRealize Orchestrator で登録ワークフローを実行します。

始める前に

このタスクについて

vRealize Orchestrator で IP アドレス管理エンドポイント タイプを登録する際、vRealize Automation vRA 管理者の認証情報を指定するように要求されます。

パッケージのインポートおよび vRealize Orchestrator ワークフローの実行の詳細については、『VMware vRealize Orchestrator クライアントの使用』を参照してください。vRealize Orchestrator のパッケージとワークフローで vRealize Automation を拡張する方法の詳細については、『ライフ サイクルの拡張性』を参照してください。

手順

  1. vRealize Orchestrator設計 タブをクリックし、管理者 > ライブラリ を選択した後、IP アドレス管理サービス パッケージ SDK を選択します。

    各 IP アドレス管理プロバイダ パッケージには、固有の名前が付いており、固有のワークフローが含まれています。各プロバイダは、独自の登録ワークフローを提供しています。各プロパティ パッケージのワークフロー名は似ていることがありますが、vRealize Orchestrator でのワークフローの場所は異なる場合があります。この場所は、プロバイダごとに設定されています。

  2. この例では、Register IPAM Endpoint 登録ワークフローを実行し、IP アドレス管理 Infloblox エンドポイント タイプを指定します。
  3. vRealize Automation の認証情報を求めるプロンプトで、vRealize Automation vRA 管理者の認証情報を入力します。

タスクの結果

パッケージは vRealize Automation エンドポイント サービスで Infoblox を新しい IP アドレス管理エンドポイント タイプとして登録します。これにより、ユーザーが vRealize Automation でエンドポイントを定義するときに、そのエンドポイント タイプが使用可能になります。

注:

vRealize Orchestrator コントロール センターで vRealize Orchestrator サーバを再起動した後に、Infoblox IP アドレス管理接続が vRealize Orchestratorインベントリ タブから消える場合があります。この問題を解決するには、vRO 管理 > ライブラリ > Infoblox > vRA > ヘルパー メニューの順に選択して、Create IPAM Connection ワークフローを実行します。次に、vRealize Orchestratorインベントリ タブに移動して Infoblox IP アドレス管理 を選択し、ページを更新すると、Infoblox IP アドレス管理接続が表示されます。

次のタスク

以上で、IP アドレス管理 Infloblox タイプのエンドポイントと、vRealize Automation で登録したすべてのサードパーティ製パッケージまたはプラグイン用のエンドポイントを作成できるようになりました。サードパーティの IP アドレス管理プロバイダ エンドポイントの作成を参照してください。