VMware vRealize ™ Orchestrator ™ は自動化と管理エンジンであり、vRealize Automation を拡張して XaaS と他の拡張性をサポートします。

vRealize Orchestrator により、管理者およびアーキテクトは、ワークフロー デザイナを使用して複雑な自動化タスクを作成し、vRealize Automation からワークフローにアクセスして実行できます。

vRealize Orchestrator は、vRealize Orchestrator プラグインを使用することで、外部のテクノロジーおよびアプリケーションにアクセスして制御することができます。

構成権限

システムおよびテナント管理者は外部 vRealize Orchestrator サーバを使用するように vRealize Automation を構成できます。

さらに、システム管理者は各テナントに使用可能なワークフロー フォルダを決定することもできます。

テナント管理者は vRealize Orchestrator プラグインをエンドポイントとして構成できます。

ロール

vRealize Orchestrator 関連の構成権限

システム管理者

  • すべてのテナントに対し vRealize Orchestrator サーバを構成します。

  • テナントごとにデフォルトの vRealize Orchestrator ワークフロー フォルダを定義します。

テナント管理者

  • 固有のテナントに対し vRealize Orchestrator サーバを構成します。

  • vRealize Orchestrator プラグインをエンドポイントとして追加します。