Azure 仮想マシンの仮想ネットワークとロード バランサーの情報を、予約に設定できます。

始める前に

ご利用の Azure インスタンスから適切な仮想ネットワークとロード バランサー情報を取得します。

このタスクについて

このページの一部または全部を空欄にしておき、仮想マシンをプロビジョニングするときに仮想ネットワークとロード バランサーの情報を設定することもできます。

ネットワーク プロファイルを指定し、サブネットを指定しなかった場合は、指定されたネットワーク プロファイルの最初にあるネットワーク範囲の名前がサブネット名として使用されます。ネットワーク プロファイルが指定されている場合は、vNet テキスト ボックスを空欄にしてもかまいません。この場合、その指定されたネットワーク プロファイルの最初のネットワーク範囲の名前がサブネット名として使用され、vNet 名は、該当するサブネットを含んだ最初の Azure vNet に解決されます。

手順

  1. [ネットワーク] テーブルの 新規 をクリックして、仮想マシンで使用する適切な Azure 仮想ネットワークの情報を設定します。
    1. Azure インスタンスから vNet テキスト ボックスに適切な vNet 名の情報を貼り付けます。
    2. Azure インスタンスから サブネット テキスト ボックスに適切なサブネット名の情報を貼り付けます。

      サブネットの指定はオプションです。このボックスを空欄にした場合、指定した vNet のサブネットがデフォルトで使用されます。

    3. ネットワーク プロファイル テキスト ボックスに適切な名前を入力または貼り付けます。ブループリントのネットワーク プロファイルを使用して、ネットワーク インターフェイス カードをネットワークに関連付けることができます。

      ネットワーク プロファイルの指定はオプションです。Azure ネットワークの構造と連動させるのではなく、vRealize Automation に定義されているネットワーク プロファイルに基づいてブループリントを作成したい場合は、ネットワーク プロファイルを使用してください。

    4. 優先順位を表す数値を 優先順位 テキスト ボックスに割り当てます(該当する場合)。

      この割り当てによって、仮想ネットワークに複数の予約が存在した場合の優先順位が決まります。数値の低い方が優先順位は高くなります。

    5. 保存 をクリックしてリソース グループを予約に追加します。
  2. 複数のマシンを展開したうえでロード バランサーを使用する場合は、ロード バランサー テーブルの 新規 をクリックします。
    1. Azure インスタンスから 名前 テキスト ボックスに適切なロード バランサーの名前を貼り付けます。
    2. Azure インスタンスから バックエンド アドレス プール テキスト ボックスに適切な名前を貼り付けます。
    3. 優先順位を表す数値を 優先順位 テキスト ボックスに割り当てます(該当する場合)。

      この割り当てによって、仮想ネットワークに複数のロード バランサが存在した場合の優先順位が決まります。数値の低い方が優先順位は高くなります。

    4. 保存 をクリックしてロード バランサを予約に追加します。
  3. ファイアウォール越しにやり取りする必要のある複数のマシンを展開する場合は、[セキュリティ グループ] テーブルの 新規 をクリックします。
    1. Azure インスタンスから 名前 テキスト ボックスにセキュリティ グループの名前を貼り付けます。
    2. 優先順位を表す数値を 優先順位 テキスト ボックスに割り当てます(該当する場合)。

      この割り当てによって、仮想ネットワークに複数のセキュリティ グループが存在した場合の優先順位が決まります。数値の低い方が優先順位は高くなります。

    3. 保存 をクリックしてセキュリティ グループを予約に追加します。
  4. OK をクリックします。