適切にフォーマットされた CSV ファイルをインポートすることにより、IP アドレスをネットワーク プロファイル範囲に追加できます。また、vRealize Automation の範囲を編集したり、変更を加えた CSV ファイルや別の CSV ファイルをインポートしたりすることによって、ネットワーク プロファイル範囲のアドレスを変更することもできます。

始める前に

このタスクについて

ネットワーク プロファイル範囲の IP アドレスを追加または変更するには、CSV ファイルをインポートするか、または手動で値を入力します。また、外部 IP アドレス管理プロバイダから IP アドレスを取得することもできます。

  • IP アドレスの初期範囲を vRealize Automation ネットワーク プロファイルにインポートします。

  • インポートした値を適用して、最初の名前付きのネットワーク範囲をネットワーク プロファイルに作成します。

  • 1 つまたは複数の IP アドレスをネットワーク範囲から削除します。vRealize Automation

  • 変更を加えた CSV ファイルや別の CSV ファイルをインポートして、ネットワーク範囲の値がどのように変更されるかを確認します。

外部 IP アドレス管理エンドポイント タイプを使用するネットワーク プロファイルの場合、IP アドレスが vRealize Automation ではなく外部 IP アドレス管理プロバイダによって管理されるため、CSV からインポート オプションはありません。

手順

  1. インフラストラクチャ > 予約 > ネットワーク プロファイル を選択します。
  2. 新規 をクリックし、ドロップダウン メニューからネットワーク プロファイル タイプを選択します。

    この例では、External を選択します。

  3. 名前 テキスト ボックスに My Network Profile with CSV と入力します。
  4. 説明 テキスト ボックスに Testing network range IP addresses with CSV と入力します。

    CSV ファイルのインポート オプションは、ネットワーク範囲 および IP アドレス のタブ ページの設定に適用されます。そこで、最初の 2 つのタブで、基本的なネットワーク プロファイル情報を入力します。

  5. オプションで、設定済みの IP アドレス管理エンドポイントがあればこれを選択します。ない場合は、この手順をスキップします。
  6. サブネット マスクゲートウェイ のテキスト ボックスに適切な IP アドレス値を入力します。
  7. DNS タブをクリックします。
  8. DNS サフィックスなどの該当する情報を入力し、ネットワーク範囲 タブをクリックします。

    ネットワーク範囲 タブをクリックすると、CSV からインポート オプションが使用可能になります。

  9. 新しいネットワーク範囲名と IP アドレス範囲を手動で入力する場合は、新規 をクリックします。適切なフォーマットの CSV ファイルから IP アドレス情報をインポートする場合は、CSV からインポート をクリックします。
    • 新規 をクリックします。

      1. ネットワーク範囲の名前を入力します。

      2. ネットワーク範囲の説明を入力します。

      3. 範囲の開始 IP アドレスを入力します。

      4. 範囲の終了 IP アドレスを入力します。

    • CSV からインポート をクリックします。

      1. CSV ファイルを参照して選択するか、または CSV ファイルを CSV からインポート ダイアログ ボックスにドラッグします。

        CSV ファイルの行は、ip_address, machine_name, status, NIC offset という形式になります。例:

        100.10.100.1,mymachine01,Unallocated
        

        CSV フィールド

        説明

        ip_address

        IPv4 形式の IP アドレス。

        machine_name

        vRealize Automation 内の管理対象マシンの名前。このフィールドが空の場合、デフォルト値は名前なしになります。また、このフィールドが空の場合、status フィールドの値を Allocated にはできません。

        status

        割り当て済みまたは未割り当て、大文字と小文字が区別されます。このフィールドが空の場合、デフォルト値は Unallocated です。status が Allocated の場合、machine_name フィールドを空にすることはできません。

        NIC_offset

        負ではない整数。オプション。

      2. 適用 をクリックします。

  10. OK をクリックします。

    IP アドレス範囲の名前が [定義された範囲] リストに表示されます。範囲内の IP アドレスが [定義された IP アドレス] リストに表示されます。

    適用 をクリックするか、ネットワーク プロファイルを保存してから編集すると、アップロードされる IP アドレスが IP アドレス ページに表示されます。

  11. IP アドレス タブをクリックし、指定されたアドレス空間範囲の IP アドレス データを表示します。

    IP アドレス情報を CSV ファイルからインポートした場合、範囲の名前は CSV からインポート済み として生成されます。

  12. (オプション) : ネットワーク範囲 ドロップダウン メニューから IP アドレス情報を選択して、IP アドレス エントリをフィルタリングします。

    定義済みのすべてのネットワーク範囲、CSV ファイルからインポートしたネットワーク範囲、または名前付きのネットワーク範囲に関する情報を表示できます。詳細には、開始 IP アドレス、マシン名、最終変更日、タイムスタンプ、IP ステータスなどが含まれます。

次のタスク

もう一度 CSV ファイルから IP アドレスをインポートすると、以前の IP アドレスはインポートした CSV ファイルの情報で置き換えられます。