Active Directory と同期するように Directories Management ディレクトリをセットアップするときに、ディレクトリと同期するユーザー属性を指定します。ディレクトリをセットアップする前に、[ユーザー属性] ページで、必要となるデフォルト属性を指定し、Active Directory 属性にマッピングするその他の属性を適宜追加できます。

このタスクについて

ディレクトリが作成される前に [ユーザー属性] ページを構成するときに、必須にするデフォルト属性を変更したり、属性を必須としてマークしたり、カスタム属性を追加したりできます。

デフォルトでマッピングされている属性のリストについては、Active Directory で同期されるユーザー属性の管理を参照してください。

ディレクトリが作成された後で、必須の属性を変更したり、カスタム属性を削除したりできます。 ある属性を必須属性に変更することはできません。

ディレクトリと同期する別の属性を追加するときには、ディレクトリが作成された後に、ディレクトリの [マップされた属性] ページに移動して、これらの属性を Active Directory の属性にマッピングします。

手順

  1. vRealize Automation にシステムまたはテナント管理者としてログインします。
  2. [管理] タブをクリックします。
  3. ディレクトリ管理 > ユーザー属性 を選択します。
  4. [デフォルト属性] セクションで、必須属性のリストを確認して、必須にする必要がある属性が反映されるように必要な変更を加えます。
  5. [属性] セクションで、Directories Management ディレクトリの属性名をリストに追加します。
  6. 保存 をクリックします。

    デフォルト属性のステータスがアップデートされ、追加した属性が、ディレクトリの [マップされた属性] リストに追加されます。

  7. ディレクトリが作成された後に、[ID ストア] ページに移動して、ディレクトリを選択します。
  8. 同期設定 > マップされた属性をクリックします。
  9. 追加した属性のドロップダウン メニューで、マップ先の Active Directory 属性を選択します。
  10. 保存 をクリックします。

タスクの結果

ディレクトリは、Active Directory と次回同期されるときにアップデートされます。