予約ポリシーを指定し、ブループリントによってプロビジョニングされるマシンのネットワーク通信を管理することができます。 マシン プロビジョニングを申請する場合は、予約ポリシーを使用して、展開用に検討可能な予約をグループ化します。ルーティング ゲートウェイ予約ポリシーは、Edge 予約ポリシーとも呼ばれます。

ネットワーク情報は、各予約に含まれています。 マシンがプロビジョニングされると、Edge またはルーティング ゲートウェイは、展開内でプロビジョニングされたマシンのネットワーク通信を管理するためのネットワーク ルータとして割り当てられます。ブループリント レベルのプロパティを追加または編集するには、[ブループリントのプロパティ] ページを使用します。

ルーティング ゲートウェイの予約ポリシーはオプションです。ルーティング ゲートウェイの予約ポリシーは、ブループリントに指定されたオンデマンド ネットワーク コンポーネントおよびオンデマンド ロード バランサ コンポーネントに関連付けられた NSX Edge をプロビジョニングするためにどの予約を使用できるかを制御します。

予約ポリシーを使用して、予約の選択内容を制御します。ブループリントに含まれる仮想マシン定義で予約ポリシーを選択して、仮想マシンで使用する予約にこのポリシーを割り当てます。

複数のビジネス グループで予約を共有することはできません。

vRealize Automation は、NAT ネットワークやロード バランサに対して、Edge サービス ゲートウェイ (ESG) などのルーティング ゲートウェイをプロビジョニングします。ルーティング ネットワークの場合、vRealize Automation は既存の分散ルータを使用します。

NAT ネットワーク プロファイルおよびロード バランサにより、vRealize AutomationNSX Edge サービス ゲートウェイを展開できます。ルーティング ネットワーク プロファイルでは、NSX 論理 Distributed Router (DLR) を使用します。DLR を vRealize Automation で使用するには、事前に NSX で作成する必要があります。vRealize Automation では DLR を作成できません。データ収集後に、vRealize Automation では DLR を使用して、仮想マシンのプロビジョニングを実行できます。

Edge またはルーティング ゲートウェイのプロビジョニングに使用する予約により、NAT およびルーティング ネットワークのプロファイルで使用される外部ネットワークと、ロード バランサの仮想 IP アドレスが決まります。

ブループリントを使用してマシン展開をプロビジョニングする場合、vRealize Automation は、指定された予約ポリシーに関連付けられている予約のみを使用して Edge またはルーティング ゲートウェイのプロビジョニングを試みます。