エンドポイントを追加し、実行中の vCenter Server インスタンスに接続する vCenter Server プラグインを構成して、vSphere インベントリ オブジェクトを管理する XaaS ブループリントを作成できます。

始める前に

  • vCenter Server をインストールして構成します。『vSphere のインストールとセットアップ』を参照してください。

  • テナント管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

手順

  1. 管理 > vRO 構成 > エンドポイント を選択します。
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックします。
  3. プラグイン ドロップダウン メニューから vCenter Server を選択します。
  4. 次へ をクリックします。
  5. 名前と説明(説明は任意)を入力します。
  6. 次へ をクリックします。
  7. vCenter Server インスタンスの情報を指定します。
    1. 追加する vCenter Server インスタンスの IP またはホスト名 テキスト ボックスにマシンの IP アドレスまたは DNS 名を入力します。

      これは、追加する vCenter Server インスタンスがインストールされたマシンの IP アドレスまたは DNS 名です。

    2. vCenter Server インスタンスのポート テキスト ボックスに vCenter Server インスタンスと通信するポートを入力します。

      デフォルト ポートは 443 です。

    3. vCenter Server インスタンスへの接続に使用する SDK の場所 テキスト ボックスに vCenter Server インスタンスへの接続に使用する SDK の場所を入力します。

      たとえば、/sdk です。

  8. 次へ をクリックします。
  9. 接続パラメータを定義します。
    1. vCenter Server インスタンスの HTTP ポート - VC プラグイン バージョン 5.5.2 以前に該当 テキスト ボックスに vCenter Server インスタンスの HTTP ポートを入力します。
    2. Orchestrator が vCenter Server インスタンスへの接続に使用するユーザーのユーザー名 および Orchestrator が vCenter Server インスタンスへの接続に使用するユーザーのパスワード テキスト ボックスに vCenter Server インスタンスへの接続を確立するために使用する vRealize Orchestrator の認証情報を入力します。

      選択するユーザーは、vCenter Server エクステンションを管理する権限およびカスタム定義された権限のセットを持つ、有効なユーザーである必要があります。

  10. 完了 をクリックします。

タスクの結果

vCenter Server インスタンスをエンドポイントとして追加しました。XaaS アーキテクトは XaaS を使用して、vCenter Server プラグイン ワークフローをカタログ アイテムおよびリソース アクションとして公開できます。