ゲスト エージェントとソフトウェア ブートストラップ エージェントをリファレンス マシンにインストールしたら、リファレンス マシンをテンプレートに変換して、vRealize Automation アーキテクトがクローン マシン ブループリントの作成に使用できるようにします。

このタスクについて

リファレンス マシンをテンプレートに変換したら、それを変換して仮想マシンに戻さないかぎり、そのテンプレートは編集することもパワーオンすることもできません。

手順

  1. root ユーザーとしてリファレンス マシンにログインして、マシンを変換する準備をします。
    1. udev 持続性ルールを削除します。
      /bin/rm -f /etc/udev/rules.d/70*
    2. このテンプレートからクローン作成されたマシンに一意の識別子を割り当てられるようにします。
      /bin/sed -i '/^\(HWADDR\|UUID\)=/d'
      /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    3. ソフトウェア ブートストラップ エージェントのインストール後にリファレンス マシンを再起動または再構成した場合は、エージェントをリセットします。
      /opt/vmware-appdirector/agent-bootstrap/agent_reset.sh
    4. マシンをパワーオフします。
      shutdown -h now
  2. vSphere Web Client に管理者としてログインします。
  3. リファレンス マシンを右クリックして、設定の編集 を選択します。
  4. 仮想マシン名 テキスト ボックスに cpb_centos_63_x84 と入力します。
  5. リファレンス マシンでゲスト OS として CentOS が動作している場合でも、ゲスト OS のバージョン ドロップダウン メニューから Red Hat Enterprise Linux 6 (64-bit) を選択します。

    CentOS を選択すると、テンプレートとカスタム仕様 が期待どおりに動作しないことがあります。

  6. vSphere Web Client でリファレンス マシンを右クリックして、テンプレート > テンプレートに変換 を選択します。

タスクの結果

vCenter Server は、cpb_centos_63_x84 リファレンス マシンにテンプレートとしてマークを付け、[最近のタスク] ペインにタスクを表示します。すでに vSphere 環境が vRealize Automation の管理下にある場合は、テンプレートが次回の自動データ収集時に検出されます。 vRealize Automation をまだ構成していない場合、テンプレートはそのとき実行中のプロセスで収集されます。