1 つ以上のオンデマンド NSX ロード バランサ コンポーネントをデザイン キャンバスに追加して、ブループリントの vSphere マシン コンポーネント設定を構成できます。

デザイン キャンバスに追加するネットワークおよびセキュリティ コンポーネントの設定は、NSX 構成に基づいており、NSX プラグインがインストールされており、vSphere クラスタの NSX インベントリのためにデータ収集を実行する必要があります。ネットワークおよびセキュリティ コンポーネントは、NSX 固有のもので、vSphere マシン コンポーネントとのみ使用できます。 NSX の設定に関する詳細については、『NSX 管理ガイド』を参照してください。

次のルールをブループリントのロード バランサ プールおよび VIP ネットワーク設定に適用します。

  • プール ネットワーク プロファイルに NAT が設定されている場合、VIP ネットワーク プロファイルとして、同一の NAT ネットワーク内の同一の NAT ネットワーク プロファイルを設定できます。

  • プール ネットワーク プロファイルがルーティングされている場合、VIP ネットワーク プロファイルには、同一のルーティング ネットワークのみを利用できます。

  • プール ネットワーク プロファイルが外部の場合、VIP ネットワーク プロファイルには、同じ外部ネットワーク プロファイルのみを利用できます。

NSX Edge リソースが作成され、VIP、負荷分散された層、構成されたサービスなどのロード バランサの詳細が Edge リソースのプロパティとして記録されます。