/usr/local/horizon/conf/domain_krb.properties ファイルは、DNS サービス ロケーション ルックアップが有効になっているディレクトリに使用するドメイン コントローラを決定します。いつでもファイルを編集して、任意のドメインのドメイン コントローラ リストの変更や、ドメイン エントリの追加または削除ができます。ユーザーが加えた変更はオーバーライドされません。

このタスクについて

このファイルは、最初にコネクタにより作成され、自動入力されます。シナリオによっては手動で更新する必要があります。

  • デフォルトで選択されたドメイン コントローラが構成に最適でない場合は、ファイルを編集して、使用するドメイン コントローラを指定します。

  • ディレクトリを削除する場合は、対応するドメイン エントリをファイルから削除します。

  • ファイルに含まれるいずれかのドメイン コントローラにアクセスできない場合は、ファイルから削除します。

ドメイン コントローラの選択も参照してください。

手順

  1. Directories Management 仮想マシンに root ユーザーとしてログインします。
    注:

    ディレクトリに追加のコネクタを使用している場合は、コネクタの仮想マシンにログインします。

  2. ディレクトリを /usr/local/horizon/conf に変更します。
  3. domain_krb.properties ファイルを編集して、ホスト値にドメインのリストを追加または編集します。

    次の形式を使用します。

    domain=host:port,host2:port,host3:port

    たとえば、 のように指定します。

    example.com=examplehost1.example.com:389,examplehost2.example.com:389

    リスト内のドメイン コントローラを優先度順に並べます。Active Directory への接続を試行する際に、コネクタはリストの一番最初に表示されているドメイン コントローラを使用します。このドメイン コントローラにアクセスできない場合は、リストで 2 番目に表示されているドメイン コントローラから順に使用していきます。

    重要:

    ドメイン名は小文字にする必要があります。

  4. 次のコマンドを使用して、domain_krb.properties ファイルの所有者を horizon に変更し、グループを www に変更します。

    chown horizon:www /usr/local/horizon/conf/domain_krb.properties

  5. サービスを再起動します。

    service horizon-workspace restart