SCCM タスク シーケンスの最後の手順として、vRealize Automation ゲスト エージェントを含むソフトウェア パッケージをインストールする必要があります。

手順

  1. vCloud Automation Center Appliance 管理コンソールのページに移動します。

    たとえば、https://va-hostname.domain.com です。

  2. ページの vRealize Automation コンポーネントのインストール セクションにある ゲストおよびソフトウェアのエージェント ページ をクリックします。

    たとえば、https://va-hostname.domain.com/software/index.html です。

    ゲストおよびソフトウェアのエージェント インストーラ ページが開き、利用可能なダウンロードへのリンクが表示されます。

  3. ページのコンポーネント インストール セクションにある Windows ゲスト エージェント ファイル(32 ビット)または(64 ビット)をクリックして、GuestAgentInstaller.exe または GuestAgentInstaller_x64.exe ファイルをダウンロードおよび保存します。
  4. Windows ゲスト エージェント ファイルを SCCM で使用できる場所に展開します。

    この操作で、ディレクトリ C:\VRMGuestAgent が作成されます。このディレクトリの名前は変更しないでください。

  5. 定義ファイル SCCMPackageDefinitionFile.sms からソフトウェア パッケージを作成します。
  6. ソフトウェア パッケージを自分の分散ポイントで使用できるようにします。
  7. 抽出した Windows ゲスト エージェント ファイルのコンテンツをソース ファイルとして選択します。