XaaS ブループリントには、プロビジョニング用のブループリントと、それ以外のブループリントとがあります。提供されている vRealize Orchestrator プロビジョニング ワークフローの一部には、仮想マシンの作成、Active Directory へのユーザーの追加、または仮想マシン スナップショットの作成が含まれます。プロビジョニング用ではないワークフローは、たとえばロード バランサーを更新したり、レポートを作成して受信者に送信したりする場合に作成します。

このタスクについて

XaaS ブループリントの作成には、vRealize Orchestrator に用意されているワークフローをベースとして使用できるほか、ご利用の環境に固有の目的を果たすために独自のワークフローを作成して使用することもできます。