ネットワーク プロファイルには、ゲートウェイ、サブネット、アドレス範囲などの IP アドレス情報が格納されています。vRealize Automation は、vSphere の DHCP または指定された IP アドレス管理プロバイダを使用して、プロビジョニング対象のマシンに IP アドレスを割り当てます。

ネットワーク プロファイルを作成し、利用可能なネットワークの種類を定義できます。このプロファイルは、オンデマンドのネットワーク アドレス変換 (NAT) およびルーティング ネットワーク プロファイルの外部ネットワーク プロファイルおよびテンプレートなどで、新しいネットワーク パスの NSX 論理スイッチと適切なルーティング設定を構築します。ネットワーク プロファイルは、ネットワーク コンポーネントをブループリントに追加するときに必要となります。

ネットワーク プロファイルは、マシンをプロビジョニングするときのネットワーク設定に使用されます。マシンをプロビジョニングするときに作成される NSX Edge デバイスの設定もネットワーク プロファイルで指定します。予約およびブループリントを作成するときに、ネットワーク プロファイルを指定します。予約では、1 つのネットワーク パスに 1 つのネットワーク プロファイルを割り当て、ブループリント内のマシン コンポーネントにこれらのパスのいずれかを指定できます。

ブループリントの作成者は、ブループリントの中でネットワーク コンポーネントを定義するときに適切なネットワーク プロファイルを指定します。プロビジョニングするマシンのネットワーク アダプタやロード バランサを定義するときには、既存のネットワーク プロファイルのほか、オンデマンド NAT やオンデマンド ルーティング ネットワーク プロファイルを使用できます。

ネットワーク プロファイルは、Infoblox などサード パーティの IP アドレス管理 (IPAM) プロバイダにも対応しています。IP アドレス管理用のネットワーク プロファイルが設定されている場合、プロビジョニングしたマシンは、その IP アドレス データや関連情報(DNS、ゲートウェイなど)を、設定済みの IP アドレス管理ソリューションから取得できます。ネットワーク プロファイルで使用する IP アドレス管理エンドポイントは、Infoblox などサード パーティ プロバイダの IP アドレス管理パッケージを使用して定義できます。

注:

サードパーティの IP アドレス管理プロバイダ エンドポイントを使用していて、マシンを展開するネットワークを指定する場合は、VLAN ごとに別個のネットワーク プロファイルを使用できます。

サードパーティの IP アドレス管理プロバイダを使用しない代わりに vRealize Automation で提供される IP アドレス管理エンドポイントを使用する場合は、ネットワーク プロファイルで使用できる IP アドレスの範囲を指定できます。マシンに割り当てられた指定範囲内の各 IP アドレスは、マシンの破棄時に、再割り当てのために解放されます。マシンに割り当てられる固定 IP アドレスの範囲は、ネットワーク プロファイルを作成して定義できます。クローン作成するか、キックスタート/AutoYaST プロビジョニングを使用して仮想マシンをプロビジョニングするとき、申請しているマシンの所有者は所定の IP アドレス範囲から固定 IP アドレスを割り当てることができます。

ネットワーク プロファイルは、予約の特定のネットワーク パスに割り当てることができます。vSphere などマシンのコンポーネント タイプによっては、ブループリントの作成時や編集時にネットワーク プロファイルを割り当てることができます。

予約およびブループリントのネットワーク プロファイルを指定した場合は、ブループリントの値が優先されます。たとえば、ネットワーク プロファイルがブループリントに指定されており(VirtualMachine.NetworkN.ProfileName カスタム プロパティを使用)、なおかつブループリントで使用されている予約でも指定されている場合は、ブループリントに指定されているネットワーク プロファイルが優先されます。ただし、ブループリントでカスタム プロパティが使用されておらず、また、マシン NIC のネットワーク プロファイルを選択した場合、vRealize Automation では、ネットワーク プロファイルが指定されているマシン NIC に対して予約ネットワーク パスが使用されます。

これらのネットワーク タイプの詳細については、『NSX 管理ガイド』を参照してください。

表 1. vRealize Automation ネットワーク プロファイルで利用可能なネットワーク タイプ

ネットワーク タイプ

説明

外部

vSphere サーバ上で構成されている既存のネットワーク。NAT およびルーティング ネットワーク タイプの外部部分です。 外部ネットワーク プロファイルでは、外部ネットワークで利用できる固定 IP アドレスの範囲を定義できます。

指定された VMware IP アドレス管理エンドポイント、または vRealize Orchestrator で登録および構成したサードパーティの IP アドレス管理サービス プロバイダのエンドポイント(Infoblox IP アドレス管理など)から取得した IP アドレス範囲を使用することができます。IP アドレス範囲は、割り当て時に IP アドレス ブロックから作成されます。

固定 IP アドレス範囲が含まれる外部ネットワーク プロファイルは、NAT およびルーティング ネットワークに必須です。

提供されている IP アドレス管理エンドポイントを使用した外部ネットワーク プロファイルの作成およびサードパーティの IP アドレス管理プロバイダを使用した外部ネットワーク プロファイルの作成を参照してください。

NAT

プロビジョニング中に作成されたオンデマンド ネットワーク。外部通信に IP アドレスを 1 セット使用し、内部通信に別のセットを使用する NAT ネットワークです。

1 対 1 の NAT ネットワークの場合は、すべての仮想マシンに、外部ネットワーク プロファイルの外部 IP アドレスと、NAT ネットワーク プロファイルの内部 IP アドレスが割り当てられます。 1 対多の NAT ネットワークの場合は、すべてのマシンが外部ネットワーク プロファイルの単一の IP アドレスを共有して、外部通信を行います。

NAT ネットワーク プロファイルでは、双方向通信用の変換テーブルを使用するローカルおよび外部ネットワークを定義します。

オンデマンド ネットワークの NAT ネットワーク プロファイルの作成を参照してください。

経路指定済み

プロビジョニング中に作成されたオンデマンド ネットワーク。ルーティング ネットワークには、分散論理ルーター (DLR) を使用して一緒にリンクされたサブネット全体に分配されるルーティング可能な IP アドレス空間が含まれます。

すべての新しいルーティング ネットワークには、次回利用可能なサブネットが割り当てられており、同一のネットワーク プロファイルを使用する他のルーティング ネットワークと関連付けられています。同じルーティング ネットワーク プロファイルを持つルーティング ネットワークを使用してプロビジョニングされる仮想マシンは、互いに通信できるほか、外部ネットワークとも通信できます。

指定された VMware IP アドレス管理エンドポイント、または vRealize Orchestrator で登録および構成したサードパーティの IP アドレス管理サービス プロバイダのエンドポイント(Infoblox IP アドレス管理など)から取得した IP アドレス範囲を使用することができます。IP アドレス範囲は、割り当て時に IP アドレス ブロックから作成されます。

ルーティング ネットワーク プロファイルでは、ルーティング可能な空間と利用可能なサブネットを定義します。

提供されている IP アドレス管理エンドポイントを使用したルーティング ネットワーク プロファイルの作成を参照してください。