ネットワーク プロファイル定義で使用される IP アドレスおよび範囲は、サポートされているサードパーティ製 IP アドレス管理プロバイダ(Infoblox など)から取得できます。

vRealize Automation ネットワーク プロファイルの外部 IP アドレス管理プロバイダ エンドポイントを作成して使用するには、最初に vRealize Orchestrator IP アドレス管理プロバイダ プラグインまたはパッケージをダウンロード、または他の方法で入手し、vRealize Orchestrator でそのプラグインまたはパッケージをインポートして、必要なワークフローを実行する必要があります。次に、IP アドレス管理ソリューションを vRealize Automation エンドポイントとして登録する必要があります。

可能な IP アドレスの範囲を提供する外部 IP アドレス管理プロバイダを使用する際のプロビジョニング プロセスの概要については、外部 IP アドレス管理プロバイダを使用した vRealize Automation 展開のプロビジョニングのチェックリストを参照してください。

表 1. 外部 IP アドレス管理プロバイダ サポートの準備に関するチェックリスト

タスク

場所

詳細

チェック ボックス サポートされる外部 IP アドレス管理プロバイダ vRealize Orchestrator プラグインを入手してインポートする。

IP アドレス管理プロバイダ プラグインまたはパッケージ(Infoblox IP アドレス管理プラグイン、VMware 提供のサードーパーティ製 IP アドレス管理スタータ SDK パッケージなど)を VMware Solution Exchange からダウンロードして、vRealize Orchestrator にインポートします。

必要な IP アドレス管理プロバイダ パッケージが VMware Solution Exchange ( https://solutionexchange.vmware.com/store/category_groups/cloud-management) に存在しない場合は、IP アドレス管理ソリューション プロバイダの SDK と関連ドキュメントを使用して独自に作成できます。

外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージの入手、および vRealize Orchestrator へのインポートを参照してください。

チェック ボックス 必要な設定ワークフローを実行し、外部 IP アドレス管理ソリューションを vRealize Automation エンドポイントとして登録する。

vRealize Orchestrator 設定ワークフローを実行し、vRealize Orchestrator で IP アドレス管理プロバイダ エンドポイント タイプを登録します。

vRealize Orchestrator でサードパーティ製 IP アドレス管理エンドポイント タイプを登録するワークフローの実行を参照してください。