ネットワークおよびセキュリティ コンポーネントをデザイン キャンバス上にドラッグすると、それらの設定がブループリントのマシン コンポーネント構成で使用可能になります。マシンのネットワークおよびセキュリティ設定を定義したら、必要に応じてロード バランサ コンポーネントの設定を関連付けることができます。

NSX ネットワークまたはセキュリティ コンポーネントをデザイン キャンバスに追加して、使用可能な設定を定義した後、キャンバスで vSphere マシン コンポーネントの [ネットワーク] および [セキュリティ] タブを開き、その設定を構成できます。

デザイン キャンバスに追加するネットワークおよびセキュリティ コンポーネントの設定は、NSX 構成に基づいており、NSX プラグインがインストールされており、vSphere クラスタの NSX インベントリのためにデータ収集を実行する必要があります。ネットワークおよびセキュリティ コンポーネントは、NSX 固有のもので、vSphere マシン コンポーネントとのみ使用できます。 NSX の設定に関する詳細については、『NSX 管理ガイド』を参照してください。

たとえば、オンデマンド NAT ネットワーク コンポーネントをデザイン キャンバスにドラッグすることで、ブループリント内の vSphere マシン コンポーネントで使用可能にすることができます。