他のアーキテクトがアプリケーション ブループリントのコンポーネントとして再使用することができ、カタログ管理者がカタログ サービスに含めることができるスタンドアロン ブループリントとして、マシン コンポーネントを設定および公開します。

始める前に

  • インフラストラクチャ アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • テンプレート、WinPE、および ISO の作成などのプロビジョニングのための外部準備を完了するか、または管理者から外部準備に関する情報を収集します。

  • テナントを設定します(テナント設定の構成)。

  • IaaS リソースを構成します(IaaS リソース設定のチェックリスト)。

  • vRealize Automation の構成』を参照してください。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックします。
  3. 新規ブループリント ダイアログ ボックスでのプロンプトの指示に従って全般設定を行います。
  4. OK をクリックします。
  5. [カテゴリ] エリアで マシン タイプ をクリックして、使用可能なマシン タイプのリストを表示します。
  6. プロビジョニングするマシンのタイプをデザイン キャンバスにドラッグします。
  7. 各タブでプロンプトの指示に従って、マシン プロビジョニングの詳細を設定します。
  8. 完了 をクリックします。
  9. ブループリントを選択して、公開 をクリックします。

タスクの結果

これで、マシン コンポーネントがスタンドアロン ブループリントとして設定および公開されました。 カタログ管理者は、このマシン ブループリントをカタログ サービスに含め、このブループリントを申請する資格をユーザーに付与することができます。 他のアーキテクトは、このマシン ブループリントを再使用して、ソフトウェア コンポーネント、XaaS ブループリント、または追加のマシン ブループリントが取り込まれたより高度なアプリケーションを作成できます。

次のタスク

マシン ブループリントを、ソフトウェア コンポーネント、XaaS ブループリント、または追加のマシン ブループリントと組み合わせて、より高度なアプリケーション ブループリントを作成できます。 複合ブループリントの組み合わせを参照してください。