ネットワークまたはストレージのインターフェイスに VirtIO を使用している場合、必要なドライバが WinPE イメージと WIM イメージに含められていることを確認する必要があります。VirtIO は一般に、KVM (RHEV) でプロビジョニングする場合に高いパフォーマンスを提供します。

VirtIO 用の Windows ドライバは Red Hat Enterprise Virtualization の一部として含まれており、Red Hat Enterprise Virtualization Manager のファイル システム上の /usr/share/virtio-win ディレクトリに置かれています。ドライバは、/usr/share/rhev-guest-tools-iso/rhev-tools-setup.iso に置かれている Red Hat Enterprise Virtualization ゲスト ツールにも含まれています。

VirtIO ドライバを使用して WIM ベースのプロビジョニングを有効にする手順の概要は次のとおりです。

  1. VirtIO ドライバがインストールされた Windows リファレンス マシンから WIM イメージを作成するか、またはドライバを既存の WIM イメージに挿入します。

  2. WinPE イメージを作成する前に PEBuilder インストール ディレクトリの Plugins サブディレクトリに VirtIO ドライバ ファイルをコピーするか、または他の方法で作成した WinPE イメージにドライバを挿入します。

  3. rhevm-iso-uploader コマンドを使用し、Red Hat Enterprise Virtualization ISO ストレージ ドメインに WinPE イメージ ISO をアップロードします。RHEV で ISO イメージを管理する方法については、Red Hat のドキュメントを参照してください。

  4. WIM プロビジョニング用の KVM (RHEV) ブループリントを作成し、WinPE ISO オプションを選択します。 値 VirtIO とともにカスタム プロパティ VirtualMachine.Admin.DiskInterfaceType を含める必要があります。ファブリック管理者は、プロパティ グループにこの情報を含め、ブループリントに含めるようにすることができます。

カスタム プロパティ Image.ISO.LocationImage.ISO.Name は、KVM (RHEV) ブループリントには使用されません。