Elastic IP アドレスを使用すると、動的な Amazon Web Services クラウド環境内で他のマシンにすばやくフェイルオーバーできます。vRealize Automation では、リージョンに対する権限を持つすべてのビジネス グループが Elastic IP アドレスを使用できます。

管理者は、AWS Management Console を使用して、Elastic IP アドレスを Amazon Web Services アカウントに割り当てることができます。任意のリージョンに Elastic IP アドレスのグループが 2 つあり、1 つは Amazon VPC 以外のインスタンス用、もう 1 つは Amazon VPC 用として割り当てられています。Amazon VPC 以外のリージョンにのみアドレスを割り当てた場合、アドレスは Amazon VPC で使用できません。その逆も同じです。 アドレスを Amazon VPC にのみ割り当てると、アドレスは Amazon VPC 以外のリージョンで利用できません。

Elastic IP アドレスを、特定のマシンではなく、Amazon Web Services アカウントに関連付けられますが、このアドレスを使用できるのは 1 度に 1 台のマシンのみです。アドレスは、解放されるまで、Amazon Web Services アカウントに関連付けられたままになります。 アドレスを開放し、そのアドレスを特定のマシン インスタンスにマッピングできます。

IaaS アーキテクトは、ブループリントにカスタム プロパティを追加し、プロビジョニング中に Elastic IP アドレスをマシンに割り当てることができます。マシンの所有者および管理者は、マシンに割り当てた Elastic IP アドレスを表示できます。さらに、マシンの編集権限を持っている場合は、プロビジョニング後に Elastic IP アドレスを割り当てることもできます。ただし、アドレスがすでにマシン インスタンスに関連付けられ、マシン インスタンスがAmazon Virtual Private Cloud 展開に属している場合、Amazon はアドレスを割り当てません。

Amazon Elastic IP アドレスの作成と使用に関する詳細については、Amazon Web Services のドキュメントを参照してください。