Amazon Virtual Private Cloud を使用すると、Amazon Web Services クラウドのプライベート セクションで、Amazon マシン インスタンスをプロビジョニングできます。

Amazon Web Services ユーザーは、Amazon VPC を使用して、仕様に応じた仮想ネットワーク トポロジを設計できます。 vRealize AutomationAmazon VPC を割り当てることができます。 ただし vRealize Automation は、Amazon VPC の使用コストを追跡しません。

Amazon VPC を使用してプロビジョニングする場合、vRealize Automation は、Amazon がプライマリ IP アドレスを取得する VPC サブネットが存在することを想定します。 このアドレスは、インスタンスが終了するまで変更されません。 Elastic IP プールを使用して、Elastic IP アドレスを vRealize Automation 内のインスタンスに割り当てることもできます。 これによりユーザーは、Amazon Web Services でインスタンスが継続的にプロビジョニングおよび分解される場合に、同じ IP を維持できます。

AWS Management Console を使用して、次の要素を作成します。

  • Amazon VPC。インターネット ゲートウェイ、ルーティング テーブル、セキュリティ グループとサブネット、および使用可能な IP アドレスを含みます。

  • Amazon Virtual Private Network。ユーザーが AWS Management Console の外部で Amazon マシン インスタンスにログインする必要がある場合。

vRealize Automation ユーザーは、Amazon VPC を使用するときに、次のタスクを実行できます。

  • ファブリック管理者は、Amazon VPC をクラウド予約に割り当てることができます。 Amazon の予約の作成を参照してください。

  • マシン所有者は、Amazon マシン インスタンスを Amazon VPC に割り当てることができます。

Amazon VPC の作成の詳細については、Amazon Web Services のドキュメントを参照してください。