OpenStack リソースのブループリントの作成時に、使用可能なイメージのリストから仮想マシン イメージを選択できます。

仮想マシン イメージは、オペレーティング システムなどのソフトウェア構成を含むテンプレートです。 仮想マシン イメージは OpenStack プロバイダによって管理され、データ収集中にインポートされます。

ブループリントで使用されるイメージが後で OpenStack プロバイダから削除されると、そのイメージはブループリントからも削除されます。 ブループリントからすべてのイメージが削除された場合、ブループリントは無効になり、編集して 1 つ以上のイメージを追加するまでマシン申請に使用できません。