ネットワーク プロファイルを使用することにより、Linux キックスタートまたは autoYaST を使用し、クローン作成によってプロビジョニングされた仮想マシンや、キックスタートを使用して OpenStack でプロビジョニングされたクラウド マシンでは、事前定義された範囲から固定 IP アドレスを割り当てることができます。

デフォルトの場合、vRealize Automation は、プロビジョニングされたマシンに、Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) を使用して IP アドレスを割り当てます。

ネットワーク プロファイルを作成することにより、マシンに割り当てられる固定 IP アドレスの範囲を定義できます。ネットワーク プロファイルは、予約されている特定のネットワーク パスに割り当てることができます。 クローン作成、キックスタート、または autoYaST によってプロビジョニングされ、関連するネットワーク プロファイルでネットワーク パスに追加されたマシンは、割り当てられた固定 IP アドレスでプロビジョニングされます。固定 IP アドレス割り当てでプロビジョニングする場合は、カスタム仕様 を使用する必要があります。

既存のオンデマンド NAT またはオンデマンド ルーティング ネットワーク コンポーネントをデザイン キャンバスに追加し、vSphere マシン コンポーネントを接続するネットワーク プロファイルを選択することによって、ネットワーク プロファイルをブループリントの vSphere マシン コンポーネントに割り当てることができます。カスタム プロパティ VirtualMachine.NetworkN.ProfileNameN はネットワーク ID)を使用して、ブループリントにネットワーク プロファイルを割り当てることもできます。

必要に応じて、指定された vRealize Automation IP アドレス管理、または登録済みおよび構成済みのサードパーティの IP アドレス管理サービス プロバイダのエンドポイントをネットワーク プロファイルで使用して、IP アドレスを取得および構成できます。外部 IP アドレス管理の要件については、サードパーティ製 IP アドレス管理プロバイダ サポートの準備に関するチェックリストを参照してください。

ネットワーク プロファイルでサードパーティの IP アドレス管理サービス プロバイダのエンドポイントを選択すると、vRealize Automation は、登録済みの外部 IP アドレス管理プロバイダのエンドポイント(Infoblox など)から IP アドレス範囲を取得します。次に、そのエンドポイントから IP アドレスの値を割り当てます。指定されている範囲のサブネット マスクを使用し、該当する IP アドレス ブロックからサブネットが割り当てられます。

予約およびブループリントのネットワーク プロファイルを指定した場合は、ブループリントの値が優先されます。たとえば、ネットワーク プロファイルがブループリントに指定されており(VirtualMachine.NetworkN.ProfileName カスタム プロパティを使用)、なおかつブループリントで使用されている予約でも指定されている場合は、ブループリントに指定されているネットワーク プロファイルが優先されます。ただし、ブループリントでカスタム プロパティが使用されておらず、また、マシン NIC のネットワーク プロファイルを選択した場合、vRealize Automation では、ネットワーク プロファイルが指定されているマシン NIC に対して予約ネットワーク パスが使用されます。