ブループリント アーキテクトとして、ボストンまたはロンドンのインフラストラクチャ上にマシンをプロビジョニングするかどうかをユーザーが選択できるようにし、既存の vSphere CentOS ブループリントを編集し、場所の機能を有効します。

始める前に

このタスクについて

データセンターの場所の選択を有効化するためのワークフロー図

データセンターはロンドンとボストンにあります。また、ボストンにいるユーザーにはロンドンのインフラストラクチャでマシンをプロビジョニングできないようにし、一方でロンドンにいるユーザーにはボストンのインフラストラクチャでマシンをプロビジョニングできないようにします。必ず、ボストンのユーザーはボストンのインフラストラクチャでプロビジョニングを行い、ロンドンのユーザーはロンドンのインフラストラクチャでプロビジョニングを行うようにすることで、ユーザーがマシンを申請するときにプロビジョニングに適切な場所を選択できるようにします。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. vSphere 上の Centos ブループリントをポイントし、編集 をクリックします。
  3. キャンバス上のマシン コンポーネントを選択し、全般 タブを表示します。
  4. 申請時の場所を表示 チェック ボックスを選択します。
  5. 完了 をクリックします。
  6. vSphere 上の Centos ブループリントをポイントし、公開 をクリックします。

タスクの結果

以上で、ビジネス グループ ユーザーは、ブループリントからプロビジョニングされるマシンを申請するときにデータセンターの場所を選択するように求められるようになります。