同じビジネス グループに複数の資格が存在する場合は、資格に優先順位を付けることにより、サービス カタログ ユーザーが申請するときに、その資格および関連付けられた承認ポリシーが指定の順序で処理されるようにすることができます。

始める前に

テナント管理者またはカタログ管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

ユーザー グループの承認ポリシーを構成するときに、1 つ以上のサービス、カタログ アイテム、またはアクションについて、グループ メンバーが固有のポリシーを持つようにする場合は、メンバー資格の優先順位をグループ資格より上位にします。 メンバーがサービス カタログ内のアイテムを申請するとき、適用される承認ポリシーは、そのビジネス グループの資格の優先順位に基づいて決まります。 メンバーの名前が初めて検出されるとき、カスタム ユーザー グループの一部としての承認ポリシー、または個別のユーザーとしての承認ポリシーのいずれかが適用されます。

たとえば、同じカタログ アイテムに対して 2 つの資格を作成し、会計ユーザー グループに 1 つの承認ポリシーが適用され、そのグループのメンバーである Connie には別の承認ポリシーが適用されるようにすることができます。

表 1. 資格例

資格 1

資格 2

ビジネス グループ:財務

ユーザーおよびグループ:会計グループ

カタログ アイテム 1:ポリシー A

ビジネス グループ:財務

ユーザーおよびグループ:Connie

カタログ アイテム 1:ポリシー C

Connie がサービス カタログのカタログ アイテム 1 を申請します。 財務ビジネス グループの資格の優先順位に基づいて、別のポリシーが Connie の申請に適用されます。

表 2. 結果例

構成と結果

優先順位

優先順位

優先順位

1:資格 1

2:資格 2

1:資格 2

2:資格 1

適用ポリシー

ポリシー A が適用されます。

Connie は会計ユーザー グループのメンバーです。 資格を付与されたユーザーとして Connie を検索すると、資格 1 で停止し、承認ポリシーが適用されます。

ポリシー C が適用されます。

資格を付与されたユーザーとして Connie を検索すると、資格 2 で停止し、承認ポリシーが適用されます。

手順

  1. 管理 > カタログ管理 > 資格 を選択します。
  2. 優先順位付け アイコン(優先順位付け)をクリックします。
  3. ビジネス グループ ドロップダウン リストからビジネス グループを選択します。
  4. 資格をリスト内の新しい場所にドラッグすると、その優先度が変更されます。
  5. アップデート方法を選択します。

    オプション

    説明

    アップデート

    変更内容を保存します。

    アップデートして閉じる

    変更内容を保存してから、資格の優先順位付け ウィンドウを閉じます。