作成したローカル テスト ユーザー アカウントを使用して、vSphere CentOS マシンのプロビジョニングを要求します。プロビジョニングされたマシンにログインし、そのマシンが正常に機能していることを確認します。

このタスクについて



これは、Rainpole 向けの vRealize Automation 開発環境を構成するためのワークフロー全 3 工程のうち 3 番目の手順です。オンデマンド サービスの設計が最後の手順ですが、これは、新しいサービスを設計するたびに繰り返し行う複数のステップのプロセスです。