外部ネットワーク プロファイルは、既存のネットワークのプロパティと設定を識別します。外部ネットワーク プロファイルは、NAT およびルーティング ネットワーク プロファイルに必要です。

始める前に

  • ファブリック管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

登録されているサード パーティの IP アドレス管理エンドポイント(Infoblox など)から IP アドレス管理のアドレス情報を取得することによって外部ネットワーク プロファイルを作成する方法については、サードパーティ製 IP アドレス管理プロバイダ サポートの準備に関するチェックリストサードパーティの IP アドレス管理プロバイダを使用した外部ネットワーク プロファイルの作成を参照してください。以下の手順に従い、VMware 内部 IP アドレス管理エンドポイントを使用して、ネットワーク プロファイルを作成します。

手順

  1. インフラストラクチャ > 予約 > ネットワーク プロファイル を選択します。
  2. 新規 をクリックし、ドロップダウン メニューから 既存 または 外部 を選択します。
  3. 名前と説明(説明は任意)を入力します。
  4. 指定された vRealize Automation IP アドレス管理 エンドポイントに対するデフォルトの IP アドレス管理エンドポイント の値を受け入れます。
  5. サブネット マスク テキスト ボックスに IP サブネット マスクを入力します。

    ネットワーク プロファイルで定義するルーティング可能なアドレス空間全体のサイズは、サブネット マスクで指定します。

    たとえば、255.255.0.0 のように入力します。

  6. Edge またはルーティング ゲートウェイのアドレスを ゲートウェイ テキスト ボックスに入力します。

    標準的な IPv4 アドレス形式を使用します。たとえば、10.10.110.1 のように入力します。

    ネットワーク プロファイルで定義されたゲートウェイの IP アドレスは、割り当て時に NIC に割り当てられます。ネットワーク プロファイルの ゲートウェイ テキスト ボックスに値が割り当てられない場合は、Edge マシンのプロビジョニング時に VirtualMachine.Network0.Gateway カスタム プロパティを使用する必要があります。

  7. DNS タブをクリックします。
  8. DNS と WINS の値を必要に応じて入力します。

    DNS の値は、DNS 名の登録と解決に使用されます。内部 IP アドレス管理エンドポイントを使用している場合、DNS と WINS のフィールドは、オプションになります。外部 IP アドレス管理エンドポイントを使用している場合、DNS と WINS の値は、サード パーティの IP アドレス管理プロバイダによって提供されます。

    1. (オプション) : プライマリ DNS サーバの値を入力します。
    2. (オプション) : セカンダリ DNS サーバの値を入力します。
    3. (オプション) : DNS サフィックス の値を入力します。
    4. (オプション) : DNS 検索サフィックス の値を入力します。
    5. (オプション) : 優先 WINS サーバの値を入力します。
    6. (オプション) : 代替 WINS サーバの値を入力します。

次のタスク

固定 IP アドレスの IP アドレス範囲を設定できます。 指定された IP アドレス管理エンドポイントを使用して外部ネットワーク プロファイルの IP アドレス範囲を設定するを参照してください。