XaaS ブループリントを複合ブループリントのコンポーネントとして追加する方法は、デザイン キャンバスで他のブループリント コンポーネントを追加するときと似ています。

始める前に

  • インフラストラクチャ アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • XaaS ブループリントを作成して公開します。XaaS ブループリントの作成を参照してください。ブループリントを作成する際、デザイン キャンバスにおけるブループリントの配置先となるカテゴリを指定しておく必要があります。

  • 複合ブループリントの XaaS ブループリント フォームをカスタマイズする方法について確認します。XaaS ブループリントとアクション用のフォーム設計を参照してください。

このタスクについて

同じ方法を使用して XaaS を複合ブループリントに追加します。アプリケーション ブループリントを構成する複数のコンポーネントの 1 つとして、または唯一のブループリント コンポーネントとして、このブループリントを使用することができます。

XaaS ブループリントのみをユーザーに提供する場合は、XaaS ブループリントを複合ブループリントに追加せずに、サービスに追加してユーザーに資格を付与することができます。

展開したアプリケーション ブループリントでスケールイン操作またはスケールアウト操作を実行した場合、ブループリントのライフサイクル オプションの構成内容に応じて XaaS ブループリントがスケール調整されます。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. XaaS を追加するブループリントの名前を選択します。

    デザイン キャンバスが表示されます。デザイン キャンバスには、現在のアプリケーション コンポーネント ブループリントと他のコンポーネントが含まれています。

  3. [カテゴリ] リストで目的のブループリントを探します。
  4. ブループリントをキャンバスにドラッグします。
  5. [全般] タブと [作成] タブでデフォルト値を構成します。

    これらのデフォルト値は、ユーザーがアイテムを申請したときにサービス カタログ フォームに表示されます。

  6. 終了 をクリックします。
  7. ブループリントを選択して、公開 をクリックします。

タスクの結果

これで、XaaS ブループリントが複合ブループリントに追加されます。

次のタスク

複合ブループリントをサービスに追加します。サービス カタログの管理を参照してください。