リソース アクションは、サービス カタログ ユーザーがプロビジョニングされたカタログ アイテム上で実行できる XaaS ワークフローです。XaaS アーキテクトとして、リソース アクションを作成し、ユーザーがプロビジョニングされたアイテムで実行できる操作を定義することができます。

始める前に

  • XaaS アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • リソース アクションの入力パラメータに対応するカスタム リソースを作成します。

このタスクについて

リソース アクションを作成することで、vRealize Orchestratorワークフローをプロビジョニング後の操作として関連付けます。このプロセス中に、デフォルトの送信および読み取り専用フォームを編集できます。リソース アクション フォームの設計を参照してください。

手順

  1. 設計 > XaaS > リソース アクション を選択します
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックします。
  3. vRealize Orchestrator ワークフロー ライブラリを参照して、カスタム リソースに関連するワークフローを選択します。

    選択したワークフローの名前、説明、および入力パラメータと出力パラメータが、vRealize Orchestrator の定義に従って表示されます。

  4. 次へ をクリックします。
  5. リソース タイプ ドロップダウン メニューから、以前に作成したカスタム リソースを選択します。
  6. 入力パラメータ ドロップダウン メニューから、リソース アクションの入力パラメータを選択します。
  7. 次へ をクリックします。
  8. 名前と説明(説明は任意)を入力します。

    vRealize Orchestrator での定義に従って、名前 および 説明 テキスト ボックスに、ワークフローの名前と説明が入力されます。

  9. (オプション) : このリソース アクションの説明と申請理由の入力をユーザーに求めない場合は、カタログ申請情報ページを非表示にする チェック ボックスを選択します。
  10. バージョンを入力します。

    <メジャー>.<マイナー>.<マイクロ>-<リビジョン>の形式がサポートされています。

  11. (オプション) : アクションのタイプを選択します。

    オプション

    説明

    削除

    リソース アクション ワークフローの入力パラメータが破棄され、アイテム タブからアイテムが削除されます。たとえば、このリソース アクションで、プロビジョニングされたマシンを削除します。

    プロビジョニング

    プロビジョニングを行うためのリソース アクションです。たとえば、カタログ アイテムをコピーする際に、このリソース アクションを使用します。

    ドロップダウン メニューから、出力パラメータを選択します。以前に作成したカスタム リソースを選択して、ユーザーがこのリソース アクションを申請したときに、プロビジョニングされたアイテムが アイテム タブに追加されるようにできます。プロビジョニングなし オプションしかない場合は、リソース アクションはプロビジョニングするためのものでないか、出力パラメータの正しいカスタム リソースが作成されていないため、続行できません。

    アクション ワークフローに応じて、オプションのいずれか、または両方を選択することも、選択しないことも可能です。

  12. ユーザーがリソース アクションを使用できる条件を選択し、次へ をクリックします。
  13. (オプション) : フォーム タブでリソース アクションのフォームを編集します。

    リソース アクションのフォームは、vRealize Orchestrator ワークフローのプレゼンテーションにマッピングされます。要素を削除、編集、再配置するなど、フォームを変更することができます。また、新しいフォームおよびフォーム ページを追加して、必要な要素を新しいフォームとフォーム ページにドラッグすることができます。

    オプション

    アクション

    フォームの追加

    フォーム名の隣にある 新規フォーム アイコン(新規要素の追加)をクリックして、必要な情報を指定し、送信 をクリックします。

    フォームの編集

    フォーム名の隣にある 編集 アイコン(フォーム ページのフィールドまたはテキスト ボックスの編集)をクリックして、必要な変更を行い、送信 をクリックします。

    ワークフローのプレゼンテーションの再生成

    フォーム名の隣にある 再構築 アイコン(ワークフローの再生成)をクリックして、OK をクリックします。

    フォームの削除

    フォーム名の横にある削除 アイコン (フォーム ページのフィールドまたはテキスト ボックスの削除) をクリックし、確認ダイアログ ボックスの OK をクリックします。

    フォーム ページの追加

    フォーム ページ名の隣にある 新規ページ アイコン(新規要素の追加)をクリックして、必要な情報を指定し、送信 をクリックします。

    フォーム ページの編集

    フォーム ページ名の隣にある 編集 アイコン(フォーム ページのフィールドまたはテキスト ボックスの編集)をクリックして、必要な変更を行い、送信 をクリックします。

    フォーム ページの削除

    フォーム名の横にある削除 アイコン (フォーム ページのフィールドまたはテキスト ボックスの削除) をクリックし、確認ダイアログ ボックスの OK をクリックします。

    フォーム ページへの要素の追加

    左の [新しいフィールド] ペインから右のペインに要素をドラッグします。必要な情報を指定して、送信 をクリックします。

    要素の編集

    編集する要素の隣にある 編集 アイコン(フォーム ページのフィールドまたはテキスト ボックスの編集)をクリックして、必要な変更を行い、送信 をクリックします。

    要素の削除

    削除する要素の横にある削除 アイコン (フォーム ページのフィールドまたはテキスト ボックスの削除) をクリックし、確認ダイアログ ボックスの OK をクリックします。

  14. 完了 をクリックします。

タスクの結果

リソース アクションが作成され、[リソース アクション] ページのリストに表示されます。

次のタスク

リソース アクションを公開します。リソース アクションの公開を参照してください。