1 つの vCloud Director エンドポイントを作成して、環境内のすべての vCloud Director 仮想データ センター (vDC) を管理できます。あるいは個別のエンドポイントを作成して、各 vCloud Director 組織を管理できます。

始める前に

このタスクについて

組織 vDC の詳細については、vCloud Director のドキュメントを参照してください。

同一の vCloud Director インスタンスに対して、単一のエンドポイントと個別の組織エンドポイントを作成しないでください。

vRealize Automation では、プロキシ エージェントを使用して vSphere リソースを管理します。

注:

vCloud Air エンドポイントと vCloud Director エンドポイント用に定義された予約では、マシンのプロビジョニングにネットワーク プロファイルを使用できません。

手順

  1. インフラストラクチャ > エンドポイント > エンドポイント を選択します。
  2. 新規 > クラウド > vCloud Director を選択します。
  3. 名前と説明(説明は任意)を入力します。
  4. アドレス テキスト ボックスに vCloud Director サーバの URL を入力します。

    URL は、FQDN または IP_address のいずれかのタイプにする必要があります。

    たとえば https://mycompany.com のように入力します。

  5. 認証情報 をクリックして、このエンドポイント用に保存した管理者レベルの認証情報を選択します。
    • vCloud Director サーバに接続して、ユーザーが管理者ロールを持つ組織を指定するには、組織管理者の認証情報を使用します。 このような認証情報を使用すると、エンドポイントは関連付けられた組織 vDC にのみアクセスできます。 vCloud Director インスタンス内の追加組織ごとにエンドポイントを追加すると、vRealize Automation と統合できます。

    • vCloud Director インスタンス内のすべての組織 vDC にアクセスできるようにするには、vCloud Director のシステム管理者認証情報を使用し、組織 テキスト ボックスは空白にしておきます。

  6. 組織の管理者である場合は、組織 テキスト ボックスに vCloud Director の組織名を入力できます。

    オプション

    説明

    すべての組織 vCD の検出

    vCloud Director をプライベート クラウドに実装した場合は、組織 テキスト ボックスを空白のままにすると、アプリケーションは使用可能なすべての組織 vDC を検出できます。

    各組織 vCD の個別のエンドポイント

    組織 テキスト ボックスに vCloud Director の組織名を入力します。

    組織 の名前は、仮想データセンター (vDC) 名としても表示される vCloud Director の組織名と一致します。 Virtual Private Cloud を使用している場合、この名前は M123456789-12345 形式の一意の ID になります。 Dedicated Cloud では、この名前はターゲット vDC の名前になります。

    システム レベルで vCloud Director に直接接続している場合、たとえば [組織] フィールドを空欄にする場合は、システム管理者の認証情報が必要になります。エンドポイントに組織を入力する場合は、その組織で組織管理者の認証情報を持つユーザーが必要になります。

  7. (オプション) : プロキシ サーバの使用 チェック ボックスをオンにして、追加のセキュリティを構成し、強制的に接続がプロキシ サーバを通過するようにします。
    1. ホスト名 テキスト ボックスに、プロキシ サーバのホスト名を入力します。
    2. ポート テキスト ボックスに、プロキシ サーバへの接続に使用するポート番号を入力します。
    3. (オプション) : 認証情報 テキスト ボックスの横にある 参照 アイコンをクリックします。

      プロキシ構成で必要な場合は、プロキシ サーバのユーザー名とパスワードを示す認証情報を選択または作成します。

  8. (オプション) : カスタム プロパティを追加します。
  9. OK をクリックします。

次のタスク

ファブリック グループの作成