ビジネス グループのメンバーがマシン プロビジョニングを申請できるようにするには、事前に予約を作成して、マシンにリソースを割り当てておく必要があります。

このタスクについて

特定のタイプのマシンをプロビジョニングできるように、各ビジネス グループには、そのメンバー用の予約を 1 つ以上作成する必要があります。たとえば、vSphere 予約は作成されているが KVM (RHEV) 予約は作成されていないというビジネス グループは、KVM (RHEV) 仮想マシンを申請できません。この例では、ビジネス グループに KVM (RHEV) リソース専用の予約を割り当てる必要があります。