既にある外部の vRealize Automation ネットワーク プロファイルに使用する IP アドレスと範囲は、サポートされている外部 IP アドレス管理ソリューション プロバイダ(Infoblox など)から取得できます。ネットワーク プロファイル内の IP アドレス範囲は、関連付けられている予約(ブループリントで指定)の中で使用されます。資格のあるユーザーがブループリント カタログ アイテムを使用してマシンのプロビジョニングを申請すると、Infoblox の IP アドレス管理によって指定された IP アドレス範囲から IP アドレスが取得されます。マシンの展開後、対応する vRealize Automation アイテムの詳細ページを照会することによって、使用されている IP アドレスを検出できます。

表 1. Infoblox の IP アドレス管理チェックリストを使用した vRealize Automation 環境のプロビジョニングの準備

タスク

場所

詳細

外部 IP アドレス管理ソリューション プロバイダ プラグインまたはパッケージを取得、インポート、構成する。チェック ボックス

vRealize Orchestrator プラグインを取得、インポートして、vRealize Orchestrator 設定ワークフローを実行し、vRealize Orchestrator で IP アドレス管理プロバイダのエンドポイント タイプを登録します。

必要な IP アドレス管理プロバイダ パッケージが VMware Solution Exchange (https://solutionexchange.vmware.com/store/category_groups/cloud-management) に存在しない場合は、IP アドレス管理ソリューション プロバイダの SDK と関連ドキュメントを使用して独自に作成できます。

サードパーティ製 IP アドレス管理プロバイダ サポートの準備に関するチェックリストを参照してください。

チェック ボックス外部 IP アドレス管理ソリューション プロバイダのエンドポイントを作成する。

vRealize Automation で新しい IP アドレス管理エンドポイントを作成します。

サードパーティの IP アドレス管理プロバイダ エンドポイントの作成を参照してください。

チェック ボックス外部ネットワーク プロファイルで外部 IP アドレス管理ソリューション プロバイダのエンドポイント設定を指定する。

外部ネットワーク プロファイルを作成し、定義済みの IP アドレス管理エンドポイントを vRealize Automation で指定します。

サードパーティの IP アドレス管理プロバイダを使用した外部ネットワーク プロファイルの作成を参照してください。

チェック ボックス外部ネットワーク プロファイルを使用して既存のネットワーク パスの予約を定義する。

ネットワーク プロファイルを呼び出す予約を vRealize Automation で作成します。

Hyper-V、KVM、SCVMM、vSphere、XenServer の予約の作成を参照してください。

チェック ボックス外部ネットワーク プロファイルを使用したブループリントを定義する。

予約を使用するブループリントを vRealize Automation で作成します。

チェック ボックス ブループリントに資格を付与してカタログに追加する。

vRealize Automation でブループリントに資格を付与してカタログに追加します。

チェック ボックスブループリント カタログ アイテムを使用してマシンのプロビジョニングを申請する。

vRealize Automation からブループリント カタログ アイテムを使用してマシンのプロビジョニングを申請します。

チェック ボックス展開先となる IP アドレスを [アイテム] ページで照会する。

展開に使用するネットワーク IP アドレスを vRealize Automation で調べます。