vRealize Automation アプライアンス から Dukes Bank for vSphere アプリケーションをダウンロードします。vRealize Automation テナントにサンプル アプリケーションをインポートし、ネットワークとソフトウェア コンポーネントを備えた複数のマシン コンポーネントを含むマルチティア vRealize Automation ブループリントの処理サンプルを表示します。

手順

  1. SSH を使用して vRealize Automation アプライアンス に root としてログインします。
  2. vRealize Automation アプライアンス から Dukes Bank for vSphere サンプル アプリケーションを /tmp にダウンロードします。
    wget --no-check-certificate  https://vRealize_VA_Hostname_fqdn:5480/blueprints/DukesBankAppForvSphere.zip

    パッケージを解凍しないでください。

  3. Cloud Client バージョン 4.x をhttp://developercenter.vmware.com/tool/cloudclientから /tmp にダウンロードします。
  4. cloudclient-4x-dist.zip パッケージを解凍します。
  5. /bin ディレクトリ下で Cloud Client を実行します。
    $>./bin/cloudclient.sh
  6. プロンプトが表示されたら、使用許諾契約に同意してください。
  7. Cloud Client を使用し、ソフトウェア アーキテクトおよびインフラストラクチャ アーキテクトの権限を持つユーザーとして vRealize Automation アプライアンス にログインします。
    CloudClient>vra login userpass --server https://vRealize_VA_Hostname_fqdn --user <user@domain.com> --tenant <TenantName>
  8. プロンプトが表示されたら、ログイン パスワードを入力します。
  9. DukesBankAppForvSphere.zip コンテンツが利用できることを確認します。
    vra content import --path /<Path>/DukesBankAppForvSphere.zip --dry-run true --resolution overwrite

    skip の代わりに上書きする解決を構成することで、可能な場合には vRealize Automation が競合を修正するようにすることができます。

  10. Dukes Bank サンプル アプリケーションをインポートします。
    vra content import --path /<Path>/DukesBankAppForvSphere.zip --dry-run false --resolution overwrite

タスクの結果

vRealize Automation コンソールに ソフトウェア アーキテクト および インフラストラクチャ アーキテクト の権限を持つユーザーとしてログオンすると、Dukes Bank のブループリントとソフトウェア コンポーネントが 設計 > ブループリント タブと 設計 > ソフトウェア コンポーネント タブに表示されます。