オンデマンド ロード バランサ コンポーネントを使用して NSX ロード バランサをデザイン キャンバスに追加し、その設定を vSphere マシン コンポーネント、および vSphere に属する ソフトウェア または XaaS コンポーネントで使用するように構成できます。

始める前に

  • NSX のロード バランサを作成し、設定します。vRealize Automation の構成および『NSX 管理ガイド』を参照してください。

  • vRealize Automation 用の NSX プラグインがインストールされ、NSX インベントリがクラスタで正常に実行されたことを確認します。

    vRealize AutomationNSX 設定を使用するには、NSX プラグインをインストールしてデータ収集を実行する必要があります。

  • ネットワーク プロファイルを作成します。

  • インフラストラクチャ アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • デザイン キャンバスで新規または既存のブループリントを開くには、設計 タブを使用します。

  • 少なくとも 1 つの vSphere マシン コンポーネントがデザイン キャンバスに設定されていることを確認します。

このタスクについて

ロード バランサの設定によって、ネットワーク内でプロビジョニングされたマシン間のタスク処理が分散されます。

特定の種類のネットワーク トラフィックの動作を定義する NSX アプリケーション プロファイルの作成に関連する情報については、『NSX 管理ガイド』を参照してください。

手順

  1. [カテゴリ] セクションの ネットワークとセキュリティ をクリックすると、使用可能なネットワークおよびセキュリティ コンポーネントの一覧が表示されます。
  2. オンデマンド ロード バランサ コンポーネントをデザイン キャンバス上にドラッグします。
  3. デザイン キャンバスで、コンポーネントを一意に表すコンポーネント名を ID テキスト ボックスに入力します。
  4. マシン ドロップダウン メニューからマシン名を選択します。

    この一覧には、アクティブなブループリントの vSphere マシン コンポーネントのみが含まれます。

  5. 負荷分散する NIC/vSphere マシンを ネットワーク アダプタ ドロップダウン メニューから選択します。

    このリストには、選択した vSphere マシン コンポーネントで定義されている NIC が含まれます。

  6. VIP ネットワーク ドロップダウン メニューから VIP ネットワークを選択します。
  7. (オプション) : IP アドレス から NIC の VIP アドレスを入力します。

    デフォルトの設定は、VIP ネットワークに関連付けられている固定 IP アドレスです。 別の IP アドレスや IP アドレス範囲を指定できます。デフォルトでは、次に利用可能な IP アドレスがネットワーク プロファイルから VIP に割り当てられます。IP アドレスを指定できるのは、VIP が NAT ネットワーク上に作成される場合のみです。

  8. 仮想サーバ セクションで、負荷分散の対象となる各サービスの横にあるチェック ボックスを選択します。

    サービス オプションとして、HTTP、HTTPS、TCP があります。

  9. (オプション) : 選択した各サービスについて、ポート、アルゴリズム、健全性チェックの間隔、応答のタイムアウト、サービス監視 URL を受け入れるか編集します。
  10. HTTP サービスの URL テキスト ボックスに、選択したサービスのアドレスを入力します。

    各ロード バランサの HTTP サービス コントロールに使用可能な URL は 1 つだけです。

    入力した URL は、サービスの健全性チェックに使用されます。[HTTP サービスの URL] の値は、ネットワーク トラフィックのリダイレクトには使用されません。

    HTTP トラフィックをリダイレクトするアドレスの URL を入力します。たとえば、http://myweb.com から https://myweb.com にトラフィックをリダイレクトすることができます。入力する値は、NSX アプリケーションの HTTP リダイレクト URL 設定に指定した値と一致させる必要があります。

  11. 現在のブループリント構成を保存する場合は 保存 を、ブループリントを保存して終了する場合は 完了 をクリックします。

タスクの結果

構成の設定は、関連付けられた vSphere マシン コンポーネントの ネットワーク タブで使用できます。