リソース詳細フォームのすべてのフィールドは、ユーザーがカスタム リソースをプロビジョニングするとき、ユーザーのアイテム詳細ページに読取り専用として表示されます。 フィールドの削除、変更、または再配置などの基本的な編集操作をこのフォームに対して行ったり、vRealize Orchestrator のスクリプト アクションを使用する外部で定義された新しいフィールドを追加して追加の読み取り専用情報をユーザーに提供したりすることができます。