vRealize Automation でプロビジョニングされるマシンの名前の作成に使用されるマシン プリフィックスを作成できます。 マシン プリフィックスは、ブループリントのデザイン キャンバスでマシン コンポーネントを定義するときに必要です。

始める前に

ファブリック管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

プリフィックスはベース名で、その後に指定された桁数のカウンタが続きます。桁がすべて使用された時点で、vRealize Automation は最初の数字にロールバックします。

マシン プリフィックスは次の制限に従う必要があります。

  • 大文字と小文字を区別しない ASCII 英字 a ~ z、数字 0 ~ 9、およびハイフン (-) のみが含まれる。

  • ハイフンから始まらない。

  • 他の記号、句読文字、空白文字は使用できない。

  • 数字も数えて 15 文字を超えていないこと(ホスト名における Windows 制限(15 文字)に従うため)。

    長さが制限を超えているホスト名は、マシンがプロビジョニングされるときに切り詰められ、次にデータ収集が実行されるときにアップデートされます。ただし、WIM プロビジョニング名は切り詰められません。指定された名前が 15 文字を超えていると、プロビジョニングが失敗します。

  • vRealize Automation は、単一インスタンスにおける同一名を持つ複数の仮想マシンの使用をサポートしません。マシン名の重複を引き起こす命名規則を選択した場合、名前が重複しているマシンは vRealize Automation でプロビジョニングされません。可能な場合、vRealize Automation はすでに使用されているその名前をスキップし、指定されているマシン プリフィックスを使用して新しいマシン名を生成します。一意の名前を生成できない場合、プロビジョニングは失敗します。

手順

  1. インフラストラクチャ > 管理 > マシン プリフィックス をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 名前 テキスト ボックスに、マシン プリフィックスを入力します。
  4. 桁数 テキスト ボックスに、カウンタの桁数を入力します。
  5. 次の番号 テキスト ボックスに、カウンタの開始番号を入力します。
  6. 保存 アイコン(保存)をクリックします。

タスクの結果

テナント管理者は、ユーザーが vRealize Automation にアクセスしてマシンを申請できるように、ビジネス グループを作成できます。