有効または無効な承認ポリシーを変更することはできません。元のポリシーのコピーを作成し、期待する結果が得られないポリシーと置き換える必要があります。有効および無効な承認ポリシーは読み取り専用です。ドラフト状態の承認ポリシーは変更することができます。

始める前に

テナント管理者または承認管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

承認ポリシーのコピーを作成する場合、新しいポリシーは元のポリシー タイプをベースにします。このポリシー タイプ以外の属性はすべて編集できます。レベルの変更、追加、または削除、あるいはフォームへのシステムやカスタム プロパティの追加において、承認ポリシーを変更する場合はこの操作を行います。

事前承認レベルおよび事後承認レベルを作成できます。承認レベルの作成については、承認レベルの作成を参照してください。

手順

  1. 管理 > 承認ポリシー を選択します。
  2. コピーする承認ポリシーの行を選択します。
  3. コピー アイコン(コピー)をクリックします。

    承認ポリシーのコピーが作成されます。

  4. 編集する新しい承認ポリシーを選択します。
  5. 名前 テキスト ボックスに名前を入力します。
  6. (オプション) : 説明 テキスト ボックスに説明を入力します。
  7. ステータス ドロップダウン メニューで、ポリシーの状態を選択します。

    オプション

    説明

    ドラフト

    承認ポリシーを編集可能な状態で保存します。

    有効

    承認ポリシーを読み取り専用状態で保存します。この状態のポリシーは資格で使用できます。

    無効

    承認ポリシーを読み取り専用状態で保存します。この状態のポリシーは、有効化されるまで資格で使用できません。

  8. 事前承認レベルおよび事後承認レベルを編集します。
  9. OK をクリックします。

タスクの結果

既存の承認ポリシーに基づいて新しい承認ポリシーを作成しました。

次のタスク

新しい承認ポリシーを資格に適用します。ユーザーにサービス、カタログ アイテム、アクションの使用資格を付与を参照してください。