この vRealize Automation 予約からプロビジョニングされるマシンで利用できるリソースおよびネットワークの設定を指定します。

始める前に

OpenStack 予約情報の指定

手順

  1. リソース タブをクリックします。
  2. コンピュート リソース ドロップダウン メニューから、マシンをプロビジョニングするコンピュート リソースを選択します。

    この予約でクローンの作成に使用できるのは、選択したクラスタ上に存在するテンプレートのみです。

    プロビジョニングの際に、ローカル ストレージに接続されたホストにマシンが配置されます。予約でローカル ストレージが使用されている場合は、予約によってプロビジョニングされるすべてのマシンが、このローカル ストレージを格納しているホストに作成されます。ただし、VirtualMachine.Admin.ForceHost カスタム プロパティを使用する場合は、マシンが強制的に別のホストにプロビジョニングされるため、プロビジョニングが失敗します。また、マシンのクローン作成に使用したテンプレートがローカル ストレージに存在するものの、別のクラスタ上のマシンに接続されている場合にも、プロビジョニングが失敗します。この場合は、テンプレートにアクセスできないことが原因でプロビジョニングが失敗します。

  3. (オプション) : マシン割り当て テキスト ボックスに数値を入力し、この予約でプロビジョニングできるマシンの最大数を設定します。

    割り当てに加えられるのは、パワーオン状態のマシンだけです。予約を無制限にするには空白にします。

  4. キー ペア ドロップダウン メニューから、コンピュート インスタンスにキー ペアを割り当てる方法を選択します。

    オプション

    説明

    未指定

    予約レベルではなく、ブループリント レベルでキー ペアの動作を制御します。

    ビジネス グループ毎に自動生成

    同じコンピュート リソースとビジネス グループが存在する場合に他の予約でプロビジョニングされるマシンを含め、同じビジネス グループでプロビジョニングされるマシンはすべて、キー ペアが同じです。この方法で生成されるキー ペアはビジネス グループに関連付けられるため、ビジネス グループが削除されるときにはキー ペアも削除されます。

    マシン毎に自動生成

    各マシンには一意のキー ペアがあります。どのキー ペアも複数のマシンで共有されることはないため、これは最も安全な方法です。

    特定のキー ペア

    この予約でプロビジョニングされるマシンはすべて、同じキー ペアを持ちます。この予約に使用するキー ペアを参照します。

  5. キー ペア ドロップダウン メニューで 特定のキー ペア を選択した場合は、特定のキー ペア ドロップダウン メニューからキー ペア値を選択します。
  6. セキュリティ グループ リストから、プロビジョニング時にマシンに割り当てることができる 1 つ以上のセキュリティ グループを選択します。
  7. ネットワーク タブをクリックします。
  8. この予約を使用してプロビジョニングされるマシンのネットワーク パスを構成します。
    1. (オプション) : オプションが使用できる場合、エンドポイント ドロップダウン メニューからストレージ エンドポイントを選択します。

      NetApp ONTAP エンドポイントが存在しており、なおかつホストが仮想である場合は、FlexClone オプションがエンドポイント列に表示されます。 NetApp ONTAP エンドポイントが存在する場合は、ストレージ パスに割り当てられたエンドポイントが [予約] ページに表示されます。 ストレージ パスのエンドポイントを追加、アップデート、または削除すると、すべての該当する予約に変更内容が表示されます。

      ストレージ パスのエンドポイントを追加、アップデート、または削除すると、[予約] ページに変更内容が表示されます。

    2. この予約によってプロビジョニングされるマシンのネットワーク パスを ネットワーク パス リストから選択します。
    3. (オプション) : ネットワーク プロファイル ドロップダウン メニューから、リストに表示されたネットワーク プロファイルを選択します。

      このオプションを選択するには、1 つ以上のネットワーク プロファイルが存在している必要があります。

    1 つの予約に複数のネットワーク パスを選択できますが、マシンをプロビジョニングするときに使用されるのは 1 つのネットワークだけです。

タスクの結果

今すぐ予約を保存するには、保存 をクリックします。 カスタム プロパティを追加して予約仕様をさらに詳細に制御することもできます。 また、この予約に割り当てられたリソースが残り少なくなったときにメール通知を送信するように、アラートを構成することもできます。