Azure 仮想マシン リソースへのアクセスが可能な Microsoft Azure 仮想マシン ブループリントを作成できます。

始める前に

  • 有効な Azure サブスクリプション ID と、リソース グループ、ストレージ アカウント、および仮想ネットワークなどに関連する情報を取得します。これらの情報は、ブループリントを作成する際に必要になる場合があります。

  • vRealize Automation の環境で使用する Azure への接続を作成するため、Azure エンドポイントを構成します。

  • ビジネス グループに合わせて Azure 予約を適切に設定してください。

このタスクについて

vRealize Automation の [ブループリントの編集] ページの マシン タイプ カテゴリにデフォルトの Azure Machine テンプレートが表示されます。この仮想マシン テンプレートは、次の手順で説明する Azure ブループリントの基礎として使用できます。Azure ブループリントを作成したら、そのブループリントを設計に従って公開および展開したり、カスタム Azure リソースやその他のブループリントとともに使用して複合ブループリントを作成したりできます。

ブループリントを作成して公開した後、適切な権限を持つユーザーは、vRealize Automation サービス カタログにより、Azure インスタンスを要求しプロビジョニングすることができます。

Azure ブループリントでは、仮想マシンの要件を定義します。vRealize Automation は、これらの要件を使用して展開に最も適切な予約を選択します。

[新規ブループリント] ダイアログ ボックスの [NSX 設定] タブと [プロパティ] タブについては、『vRealize Automation の構成』を参照してください。

1 つの展開から 2 台の仮想マシンを同時に作成する場合、2 つのネットワーク インターフェイス名と 2 つの仮想マシン名を作成する必要があります。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックします。
  3. 名前 テキスト ボックスにブループリント名を入力します。

    入力した名前は ID テキスト ボックスにも入力されます。ほとんどの場合、NSX 設定 タブと プロパティ タブは無視して構いません。

  4. OK をクリックします。
  5. [カテゴリ] メニューの マシン タイプ をクリックします。
  6. Azure Machine 仮想マシン テンプレートをデザイン キャンバスにドラッグします。

    ブループリントの基礎として使用するカスタム Azure リソースを作成した場合は、[カテゴリ] リスト内の割り当て済みカテゴリからそのリソースを選択できます。

  7. デザイン キャンバスの下半分のタブ付きページにあるテキスト ボックスに、Azure 仮想マシンの必須情報を入力します。タブ付きページは、Azure Machine テンプレートをデザイン キャンバスにドラッグすると表示されます。

    これらのタブのすべてに、テキスト ボックスなどのフィールドが用意されています。ブループリントの基準として構成された Azure エンドポイントが主となって、 タブで利用可能な選択肢が決定されます。

    ほとんどのパラメータでは、パラメータ名の隣にあるテキスト ボックスをクリックすると、ページの右側に新しいペインが開きます。このペインでは、 テキスト ボックスにパラメータ値を入力できるほか、それが 必須 であるかどうかを指定できます。場合によっては、最小値最大値 を入力できることもあります。右ペイン内の 適用 をクリックすると、最初のテキスト ボックスが入力されます。

    図 1. Azure ブループリント右側のメニュー

    ほとんどのフィールドには、詳細オプション ボタンも用意されています。これらのオプションによって、フィールドの長さの指定だけでなく、エンド ユーザーに対してフィールドを非表示にすることもできます。

    注:

    ブループリントの設定を続行するには、必須フィールドを入力する必要があります。フィールドを空のままにする場合は、前に戻ってエントリを削除してから、保存を行ってください。

    タブ

    説明

    重要なパラメータ

    一般

    使用されるエンドポイントなど、Azure 仮想マシンの基本的な接続情報を選択します。

    ID:作成する Azure 仮想マシンを識別します。この名前を変更した場合は、デザイン キャンバス上の Azure 仮想マシン イメージも自動的に更新されます。

    説明:作成する仮想マシンと、その仮想マシンが必須であるかを指定します。

    インスタンス:これを選択すると、拡張性のある仮想マシンを作成できます。最小値 フィールドと 最大値 フィールドを使用して、このマシンから作成できる Azure インスタンスの数を指定します。

    パスワード認証の使用:パスワード認証を使用する場合は [はい] を選択し、SSH を使用する場合は [いいえ] を選択します。

    管理ユーザー名:このパラメータを空のままにすると、マシンをプロビジョニングするユーザーによって割り当てられます。

    管理者パスワード:このパラメータを空のままにすると、マシンをプロビジョニングする個別のユーザーが適切なパスワードを指定できます。

    ビルド情報

    作成する仮想マシンについての情報を設定できます。

    場所:この仮想マシンを展開する地理的位置を選択します。

    マシン プリフィックス:該当するラジオ ボタンを選択し、関連するビジネス グループからのマシン プリフィックスを使用するのか、それともカスタム プリフィックスを作成するのかを指定します。カスタム プリフィックスを使用する場合は、カスタム マシン プリフィックス テキスト ボックスに、使用するプリフィックスを入力します。

    仮想マシン イメージ タイプ:ラジオ ボタンを使用して、カスタム仮想マシン イメージまたは標準仮想マシン イメージを選択します。カスタム仮想マシンは、Azure の従来の展開から作成され、クラウド サービス、ストレージ アカウント、および可用性セットに関して、より多くの構成オプションが使用可能です。

    仮想マシン イメージ:ブループリントの基盤となる Azure 仮想マシン イメージを指定します。

    • 標準仮想マシン イメージの場合、マシン イメージ URN は、(publisher):(offer):(sku): (version) という形式に一致している必要があります。

    • カスタム仮想マシン イメージの場合、マシン イメージ URN は、次の形式に一致している必要があります。

      https://storageaccount.blob.core.windows.net/container/image.vhd

    また、カスタム イメージの場合、[OS イメージ タイプ(Windows または Linux)] テキスト ボックスを入力する必要があります

    管理者ユーザー:このブループリント ベースの仮想マシンに設定する、特定の管理者ユーザー名を入力します。ここでは空白のままにし、申請フォームに入力することもできます。

    認証:該当するラジオ ボタンを選択し、このブループリントに基づく仮想マシンでパスワード認証と SSH 認証のどちらが必要になるかを指定します。

    管理者パスワード:仮想マシン インスタンスの管理者パスワード。

    シリーズ:仮想マシン インスタンスの一般的なサイズを定義します。シリーズについては、Azure のドキュメント (https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-windows-sizes/) を参照してください。

    サイズ:シリーズ内の特定の仮想マシン インスタンスのサイズを定義します。サイズは選択したシリーズに関連付けられます。Azure インスタンスとの有効な接続を確立している場合、利用可能なサイズは、サブスクリプションと、選択した場所およびシリーズに基づいて動的に統合されます。サイズについては、Azure のドキュメントを参照してください。

    インスタンス サイズの詳細:仮想マシン インスタンスのシリーズとサイズに関するオプションの情報。

    マシン リソース

    仮想マシン リソースをバケットに編成します。リソース グループは、Web サイト、アカウント、データベース、ネットワークなどの仮想マシン リソースをグループ化する組織構成です。

    [可用性セット] は、冗長性に対応するために 2 台以上の仮想マシンを管理するメカニズムです。Azure 可用性セットの詳細については、https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/virtual-machines-windows-manage-availability/を参照してください。

    注:

    Azure インスタンスの最大数が 1 より大きいブループリントを設定する場合は、新しいリソース グループと可用性セットを作成するのではなく、既存のリソース グループと可用性セットを使用する必要があります。同じ展開の複数のインスタンスで新しいリソース グループまたは新しい可用性セットを使用する場合、ロード バランサへの関連付けがあると、エラーやその他の問題が発生します。

    リソース グループの作成または再利用:該当するラジオ ボタンを選択し、既存の Azure リソース グループを使用するのか、それとも新しい Azure リソース グループを作成するのかを指定します。既存のリソース グループの名前は、Azure ポータルの [リソース グループ] ページで確認できます。リソース グループの新規作成を選択した場合は、新しいグループの適切な名前が リソース グループ テキスト ボックスに自動的に表示されます。

    可用性セットの作成または再利用:作業内容に応じて適切なラジオ ボタンを選択します。[新規作成] を選択した場合は、新しい可用性セットの情報がテキスト ボックスに表示されます。

    ストレージ

    Azure ストレージ アカウントを編成できます。ストレージ アカウントは、Azure Blob、Queue Table、File Storage など、さまざまな Azure ストレージへのアクセスを提供します。ほとんどのブループリントの場合、デフォルトを受け入れることができます。

    ストレージ アカウント:必要に応じて仮想マシンのストレージ アカウント名を入力します。このストレージ アカウントには、Azure 仮想マシンのオペレーティング システム ディスクが展開されます。ストレージ グループの情報は Azure ポータルにあります。ストレージ アカウントは、1 つ以上所有できます。

    注:

    ストレージ アカウント名にアンダースコアなどの特殊文字を使用するとエラーが発生する可能性があります。

    診断ストレージの追加:このチェック ボックスは、Azure インスタンスで診断データを使用する場合に選択します。

    ストレージ ディスクの数:仮想マシンで使用されるデータ ストレージ ディスクの数を選択します。最大 4 つのディスクを指定できます。これらのディスクは、ストレージ アカウント テキスト ボックスに指定されたオペレーティング システム ディスクに追加して使用されます。

    ストレージ ディスクの番号

    • ディスク名:ディスクに割り当てる名前を指定します。

    • ディスク タイプ:ストレージ デバイスのタイプ。

    • ディスク サイズ:ストレージのサイズ。

    • レプリケーション:ディスクのバックアップに使用される冗長性方式。

    • ホスト キャッシュ:パフォーマンスを高めるために読み取り/書き込みをキャッシュするかどうかを指定します。

    ネットワーク

    仮想マシン ブループリント用のネットワークを選択できます。ほとんどのブループリントでは、デフォルトを受け入れることができ、利用者は、展開時に該当するネットワーク情報を入力します。

    注:

    作成できる仮想マシンはインターフェイスあたり 1 つのみですが、各仮想マシンは、最大 4 つのインターフェイスを持つことができます。

    表をクリックして右側にダイアログを開くと、次のフィールドを含む編集可能な別の表が表示されます。

    • ロード バランサー名:Azure インスタンスで使用されるロード バランサー。

    • ネットワーク インターフェイスの数:Azure インスタンスで使用されるネットワーク インターフェイスの数を選択します。ネットワーク インターフェイスの数は、[ストレージ] タブで選択した仮想マシン サイズでサポートされる必要があります。

    • ネットワーク インターフェイス:仮想マシン ブループリントの適切なネットワーク インターフェイスを選択します。既存のネットワークを入力する場合、他のすべてのネットワーク タブは無視して構いません。存在しないネットワーク インターフェイス名を入力した場合、その名前の新しいインターフェイスが作成され、その他の [ネットワーク] タブを使用してインターフェイスを構成できます。

    • NIC 名のプリフィックス:ネットワーク インターフェイス カードのプリフィックス。

    • IP アドレス タイプ:仮想マシンで使用する IP アドレスが静的 IP アドレスと動的 IP アドレスのいずれであるかを指定します。

    • ネットワーク構成:該当するネットワーク構成を入力します。ネットワーク プロファイルがサポートされます。オプションには、Azure ネットワークの指定ネットワーク プロファイルの使用 の 2 つがあり、選択したオプションに応じて、後続のフィールドが変化します。

      • Azure ネットワークの指定 を選択した場合は、次のオプションを使用できます。これらのテキスト ボックスを空のままにした場合は、該当する予約で指定された情報に基づいて、デフォルトのネットワーク構成が使用されます。

        • vNet 名:仮想ネットワークの名前

        • subNet 名:Azure サブネットのドメイン名。

        • 公開 IP アドレス名:Azure の公開 IP アドレス構成のオプション名で、該当するネットワーク インターフェイスに関連付ける必要があります。

      • ネットワーク プロファイルの使用 を選択した場合、ネットワーク構成は、基盤となる Azure 構成から分離され、代わりに vRealize Automation ネットワーク プロファイルに結合されます。

        • ネットワーク プロファイル テキスト ボックスを空のままにした場合は、ネットワーク プロファイルが指定された該当する予約に基づいて、デフォルトの Azure vNet およびサブネットのペアが解決されます。

        • ネットワーク プロファイルを入力した場合は、一致する予約に基づいて、Azure vNet およびサブネットが解決されます。

  8. 完了 をクリックすると、ブループリント構成が保存され、ブループリントのメイン ページに戻ります。

次のタスク

ブループリントを公開する場合は、ブループリントのメイン ページで該当するブループリントを選択し、公開 をクリックします。公開したブループリントは、[カタログ アイテム] ページで使用可能になります。ビジネス グループ マネージャまたは同等のユーザーは、この公開されたブループリントを複合ブループリントの基礎として使用することもできます。