ソフトウェアを含むアプリケーション ブループリントをプロビジョニングする場合、またはゲスト エージェントを使用してプロビジョニングしたマシンをさらにカスタマイズする機能を希望する場合、マシンがプロビジョニングされる Amazon AWS 環境と、エージェントがパッケージをダウンロードして命令を受け取る vRealize Automation 環境との間の接続を有効にする必要があります。

vRealize Automation を使用して、vRealize Automation ゲスト エージェントと ソフトウェア ブートストラップ エージェントで Amazon AWS マシンをプロビジョニングする場合、プロビジョニングしたマシンが vRealize Automation に通信を戻してマシンをカスタマイズできるように、ネットワークと Amazon との間の VPC 接続を設定する必要があります。

Amazon AWS VPC 接続オプションの詳細については、Amazon AWS のドキュメントを参照してください。