OnDemand またはサブスクリプション サービス用の vCloud Air エンドポイントを作成できます。

始める前に

  • IaaS 管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

  • vCloud Air のサブスクリプション サービスまたは OnDemand アカウントに対して、仮想インフラストラクチャ管理者の権限があることを確認します。

  • ユーザー認証情報の格納.

このタスクについて

vCloud Air 管理コンソールの詳細については、vCloud Air のドキュメントを参照してください。

注:

vCloud Air エンドポイントと vCloud Director エンドポイント用に定義された予約では、マシンのプロビジョニングにネットワーク プロファイルを使用できません。

手順

  1. インフラストラクチャ > エンドポイント > エンドポイント を選択します。
  2. 新規 > クラウド > vCloud Air を選択します。
  3. 名前と説明(説明は任意)を入力します。
  4. アドレス テキスト ボックスで、vCloud Air のデフォルト エンドポイント アドレスを受け入れるか、新しいアドレスを入力します。

    vCloud Air のデフォルト エンドポイント アドレスは、Default URL for vCloud Air endpoint グローバル プロパティで指定されているとおり、https://vca.vmware.com です。

  5. 認証情報 をクリックして、このエンドポイント用に保存した管理者レベルの認証情報を選択します。

    認証情報は、vCloud Air サブスクリプション サービスまたは OnDemand のアカウント管理者のものでなければなりません。

  6. (オプション) : プロキシ サーバの使用 チェック ボックスをオンにして、追加のセキュリティを構成し、強制的に接続がプロキシ サーバを通過するようにします。
    1. ホスト名 テキスト ボックスに、プロキシ サーバのホスト名を入力します。
    2. ポート テキスト ボックスに、プロキシ サーバへの接続に使用するポート番号を入力します。
    3. (オプション) : 認証情報 テキスト ボックスの横にある 参照 アイコンをクリックします。

      プロキシ構成で必要な場合は、プロキシ サーバのユーザー名とパスワードを示す認証情報を選択または作成します。

  7. (オプション) : カスタム プロパティを追加します。
  8. OK をクリックします。

次のタスク

ファブリック グループの作成.