データベースから値を取得して申請フォームのカスタム プロパティに取り込む場合、そのデータベースを照会するカスタム プロパティを追加します。データベース カスタム プロパティは vRealize Orchestrator アクションを使用してクエリを実行し、値を取得します。

このアクションは次のデータベースでサポートされます。

  • Microsoft SQL Server

  • MySQL

  • Oracle

  • PostgreSQL

制限事項

取得されたすべての値は文字列に変換されます。

前提条件

vRealize Orchestrator SQL プラグインがインストールされ、ターゲット データベースに接続するように構成されていることを確認します。

カスタム プロパティの設定値

これらのオプションは、カスタム プロパティを作成するために使用します。全体の手順については、vRealize Orchestrator アクションのカスタム プロパティ定義の作成を参照してください。

表 1. データベース クエリのカスタム プロパティの設定値

オプション

名前

任意の文字列を使用できます。

データ タイプ

文字列

表示方法

ドロップダウン

外部

Action フォルダ

com.vmware.vra.sql

スクリプト アクション

executeSQLSelectOnDatabase

このスクリプト アクションはスクリプトの一例です。環境に固有のアクションを作成できます。

入力パラメータ

  • databaseNamevRealize Orchestrator が接続されるデータベースの名前。

  • sqlSelectQuery。値を取得するためにデータベースで実行される SQL の選択クエリ。select * <table name> など。

  • keyColumnName。キー ペア値のキーであるデータベース カラムの名前。

  • valueColumnName。値を取得するデータベース カラムの名前。

ブループリントの設定

[ブループリントのプロパティ] タブにカスタム プロパティを追加するには、ブループリント マシン プロパティとしてのカスタム プロパティまたはプロパティ グループの追加を参照してください。