PXE は、 Cisco UCS Manager でサポートされている唯一のプロビジョニング方法です。 ネットワーク ブートストラップ プログラムと vRealize Automation カスタム プロパティを併用して、WIM、SCCM、または Linux キックスタート プロビジョニングを開始できます。 またカスタム プロパティを使用して、独自の PowerShell スクリプトを呼び出すこともできます。 Linux キックスタート プロビジョニングでは、カスタム プロパティは必要ありません。

PowerShell スクリプトを使用したプロビジョニングのカスタム プロパティ

これらのプロパティを使用して、PowerShell スクリプトを呼び出すことができます。

表 1. PowerShell スクリプトを呼び出すためのカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

Pxe.Setup.ScriptName

PXE ネットワーク起動プログラムを使用して開始する前に、マシン上で実行するカスタム EPI PowerShell スクリプトを指定します。 この値は、スクリプトが Model Manager にアップロードされるときにスクリプトに割り当てられる名前です(例:setup.ps1)。

Pxe.Clean.ScriptName

vRealize Automation Model Manager にインストールされた EPI PowerShell スクリプトの名前を指定し、マシンのプロビジョニング後にマシン上で実行します。この値は、スクリプトが Model Manager にアップロードされるときにスクリプトに割り当てられる名前です(例:clean.ps1)。

PXE および SCCM プロビジョニングのカスタム プロパティ

これらのプロパティを使用して、PXE および SCCM プロビジョニングを実行できます。

表 2. PXE および SCCM プロビジョニングのカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

SCCM.Collection.Name

オペレーティング システムの展開タスク シーケンスが含まれる SCCM コレクションの名前を指定します。

SCCM.Server.Name

このコレクションが存在する SCCM サーバの完全修飾ドメイン名を指定します(例:lab-sccm.lab.local)。

SCCM.Server.SiteCode

SCCM サーバのサイト コードを指定します。

SCCM.Server.UserName

SCCM サーバに管理者レベルでアクセスできるユーザーの名前を指定します。

SCCM.Server.Password

SCCM.Server.UserName プロパティに関連付けられているパスワードを指定します。

SCCM.CustomVariable.

カスタム変数の値を指定します。Name は、プロビジョニングされたマシンが SCCM コレクションに登録された後で SCCM タスク シーケンスが使用できるカスタム変数の名前です。 値は、選択するカスタム変数によって決まります。統合で必要になる場合は、SCCM.RemoveCustomVariablePrefix を使用して、カスタム変数から SCCM.CustomVariable. プリフィックスを削除できます。

PXE および WIM プロビジョニングのカスタム プロパティ

これらのプロパティを使用して、PXE および WIM プロビジョニングを実行できます。

表 3. PXE および WIM プロビジョニングのカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

Image.Network.Letter

プロビジョニングされたマシンで WIM イメージ パスがマッピングされているドライブを示す文字を指定します。デフォルト値は K です。

Image.WIM.Path

WIM ベースのプロビジョニングでイメージの展開元となる WIM ファイルの UNC パスを指定します。 パスの形式は \\server\share$ となります(例:\\lab-ad\dfs$)。

Image.WIM.Name

Image.WIM.Path プロパティによって配置された WIM ファイルの名前を指定します(例:win2k8.wim)。

Image.WIM.Index

WIM ファイルから正しいイメージを展開するために使用されるインデックスを指定します。

Image.Network.User

プロビジョニングされたマシン上のネットワーク ドライブに WIM イメージ パス (Image.WIM.Path) をマッピングするために使用されるユーザー名を指定します。これは、通常、ネットワーク共有へのアクセス権限があるドメイン アカウントです。

Image.Network.Password

Image.Network.User プロパティに関連付けられているパスワードを指定します。

SysPrep.Section.Key

  • SysPrep.GuiUnattended.AdminPassword

  • SysPrep.GuiUnattended.EncryptedAdminPassword

  • SysPrep.GuiUnattended.TimeZone

プロビジョニングの WinPE ステージで、マシン上の SysPrep 応答ファイルに追加する情報を指定します。SysPrep 応答ファイルにすでに存在する情報は、これらのカスタム プロパティで上書きされます。Section は、SysPrep 応答ファイルのセクションの名前を表します。たとえば、GuiUnattended や UserData のように指定します。 Key は、セクション内のキー名を表します。たとえば、プロビジョニングされたマシンのタイム ゾーンを西太平洋標準時に設定するには、カスタム プロパティ GuiUnattended.UserData.TimeZone を定義し、値を 275 に設定します。

セクション、キー、および指定できる値の詳細な一覧については、System Preparation Utility for Windows のドキュメントを参照してください。

次に示す Section.Key ペアは、WIM ベース プロビジョニングに対して指定できます。

  • GuiUnattended

    • AdminPassword

    • EncryptedAdminPassword

    • TimeZone

  • UserData

    • ProductKey

    • FullName

    • ComputerName

    • OrgName

  • 識別名

    • DomainAdmin

    • DomainAdminPassword

    • JoinDomain

    • JoinWorkgroup

Sysprep.Identification.DomainAdmin

Active Directory のターゲット ドメインに管理者レベルでアクセスできるユーザーの名前を指定します。vCloud Director または vCloud Air に送信する認証情報にはユーザー ドメインを含めないでください。

Sysprep.Identification.DomainAdminPassword

Sysprep.Identification.DomainAdmin プロパティに関連付けるパスワードを指定します。

Sysprep.Identification.JoinDomain

Active Directory に参加させるドメインの名前を指定します。

Sysprep.Identification.JoinWorkgroup

ドメインを使用しない場合は、参加させるワークグループの名前を指定します。

SysPrep.UserData.ComputerName

マシン名を指定します(例:lab-client005)。

SysPrep.UserData.FullName

ユーザーの氏名を指定します。

SysPrep.UserData.OrgName

ユーザーの組織名を指定します。

SysPrep.UserData.ProductKey

Windows のプロダクト キーを指定します。