文字 S で始まる vRealize Automation カスタム プロパティのリスト。

表 1. カスタム プロパティ S テーブル

プロパティ

説明

SysPrep.Section.Key

  • SysPrep.GuiUnattended.AdminPassword

  • SysPrep.GuiUnattended.EncryptedAdminPassword

  • SysPrep.GuiUnattended.TimeZone

プロビジョニングの WinPE ステージで、マシン上の SysPrep 応答ファイルに追加する情報を指定します。SysPrep 応答ファイルにすでに存在する情報は、これらのカスタム プロパティで上書きされます。Section は、SysPrep 応答ファイルのセクションの名前を表します。たとえば、GuiUnattended や UserData のように指定します。 Key は、セクション内のキー名を表します。たとえば、プロビジョニングされたマシンのタイム ゾーンを西太平洋標準時に設定するには、カスタム プロパティ GuiUnattended.UserData.TimeZone を定義し、値を 275 に設定します。

セクション、キー、および指定できる値の詳細な一覧については、System Preparation Utility for Windows のドキュメントを参照してください。

次に示す Section.Key ペアは、WIM ベース プロビジョニングに対して指定できます。

  • GuiUnattended

    • AdminPassword

    • EncryptedAdminPassword

    • TimeZone

  • UserData

    • ProductKey

    • FullName

    • ComputerName

    • OrgName

  • 識別名

    • DomainAdmin

    • DomainAdminPassword

    • JoinDomain

    • JoinWorkgroup

Sysprep.Identification.DomainAdmin

Active Directory のターゲット ドメインに管理者レベルでアクセスできるユーザーの名前を指定します。vCloud Director または vCloud Air に送信する認証情報にはユーザー ドメインを含めないでください。

Sysprep.Identification.DomainAdminPassword

Sysprep.Identification.DomainAdmin プロパティに関連付けるパスワードを指定します。

Sysprep.Identification.JoinDomain

Active Directory に参加させるドメインの名前を指定します。

Sysprep.Identification.JoinWorkgroup

ドメインを使用しない場合は、参加させるワークグループの名前を指定します。

SysPrep.UserData.ComputerName

マシン名を指定します(例:lab-client005)。

SysPrep.UserData.FullName

ユーザーの氏名を指定します。

SysPrep.UserData.OrgName

ユーザーの組織名を指定します。

SysPrep.UserData.ProductKey

Windows のプロダクト キーを指定します。

SCCM.Collection.Name

オペレーティング システムの展開タスク シーケンスが含まれる SCCM コレクションの名前を指定します。

SCCM.CustomVariable.Name

カスタム変数の値を指定します。Name は、プロビジョニングされたマシンが SCCM コレクションに登録された後で SCCM タスク シーケンスが使用できるカスタム変数の名前です。 値は、選択するカスタム変数によって決まります。統合で必要になる場合は、SCCM.RemoveCustomVariablePrefix を使用して、カスタム変数から SCCM.CustomVariable. プリフィックスを削除できます。

SCCM.Server.Name

このコレクションが存在する SCCM サーバの完全修飾ドメイン名を指定します(例:lab-sccm.lab.local)。

SCCM.Server.SiteCode

SCCM サーバのサイト コードを指定します。

SCCM.Server.UserName

SCCM サーバに管理者レベルでアクセスできるユーザーの名前を指定します。

SCCM.Server.Password

SCCM.Server.UserName プロパティに関連付けられているパスワードを指定します。

SCCM.RemoveCustomVariablePrefix

カスタム プロパティ SCCM.CustomVariable.Name を使用して作成した SCCM カスタム変数から SCCM.CustomVariable. プリフィックスを削除するには、true に設定します。

Scvmm.Generation2

true に設定した場合、ブループリントで Hyper-V (SCVMM) 2012 R2 リソースに Generation-2 マシンをプロビジョニングできることを指定します。Generation-2 プロビジョニングでは、ブループリントに Hyperv.Network.Type = synthetic プロパティ設定も含まれている必要があります。

Snapshot.Policy.AgeLimit

マシンに適用できるスナップショットの存続期限を日数で設定します。このプロパティは、vSphere プロビジョニングに適用されます。

スナップショットがこの存続期限を超えると、[適用] オプションは使用できなくなります。

スナップショットの存続期限に達すると、スナップショットは維持されますが、そのスナップショットに戻すことはできなくなります。 vSphere クライアントを使用して、スナップショットを削除できます。

Snapshot.Policy.Limit

マシンあたりに許可されるスナップショットの数を設定します。デフォルトの設定は、マシンあたり 1 つのスナップショットです。このプロパティは、vSphere プロビジョニングに適用されます。0 に設定すると、スナップショットを作成するブループリント オプションは、サポート ロールとマネージャ ロールを除き、すべてのユーザーに表示されなくなります。

スナップショットは階層構造で表示されます。

  • 深さ – 最大は 31。

  • 幅 – 制限なし。

Snapshot.Policy.Disable

true に設定すると、すべての vRealize Automation ユーザー ロールはスナップショット作成機能を使用できなくなり、スナップショット オプションは [アイテム] タブに表示されなくなります。

software.agent.service.url

ポート転送を使用する場合は、Amazon AWS トンネル マシンのプライベート IP アドレスおよび vRealize Automation ソフトウェア サービス API のポートを指定します(たとえば https://Private_IP:1443/software-service/api)。

このプロパティは、software.ebs.url および agent.download.url と組み合わせて、予約またはコンピューティング リソース エンドポイントに追加することができます。また、PAT または NAT、およびポート転送を使用するときに、このプロパティを使用してプライベート アドレスおよびポートを指定することができます。

software.ebs.url

ポート転送を使用する場合は、Amazon AWS トンネル マシンのプライベート IP アドレスおよび vRealize Automation イベント ブローカ サービスを指定します(たとえば https://Private_IP:1443/event-broker-service/api)。

このプロパティは、software.agent.service.url および agent.download.url と組み合わせて、予約またはコンピューティング リソース エンドポイントに追加することができます。また、PAT または NAT、およびポート転送を使用するときに、このプロパティを使用してプライベート アドレスおよびポートを指定することができます。

software.http.proxyHost

プロキシ サーバのホスト名またはアドレスを指定します。

ソフトウェア コンテンツ プロパティでプロキシ サーバを使用するには、software.http.proxyHostsoftware.http.proxyPort の両方を使用する必要があります。

注:

ソフトウェア プロキシ設定を使用して、ソフトウェア コンポーネントのコンテンツ プロパティ タイプの値を定義できます。コンテンツ プロパティとは、エージェントがダウンロードを行う URL です。エージェントはローカルにダウンロードされたファイルへのファイル パスとして変数を使用します。ただし、ソフトウェア プロキシ設定を使用して、URL からではなく、プロキシ ホストを介してダウンロードすることができます。

software.http.proxyPassword

プロキシ サーバへの認証に使用されるユーザー名のパスワードを指定します。software.http.proxyUser と組み合わせて使用します。

software.http.proxyUser 設定を使用する場合は、software.http.proxyPassword 設定が必要になります。

注:

ソフトウェア プロキシ設定を使用して、ソフトウェア コンポーネントのコンテンツ プロパティ タイプの値を定義できます。コンテンツ プロパティとは、エージェントがダウンロードを行う URL です。エージェントはローカルにダウンロードされたファイルへのファイル パスとして変数を使用します。ただし、ソフトウェア プロキシ設定を使用して、URL からではなく、プロキシ ホストを介してダウンロードすることができます。

software.http.proxyPort

プロキシ サーバのポート番号を指定します。

ソフトウェア コンテンツ プロパティでプロキシ サーバを使用するには、software.http.proxyHostsoftware.http.proxyPort の両方を使用する必要があります。デフォルトの software.http.proxyPort 値はありません。

注:

ソフトウェア プロキシ設定を使用して、ソフトウェア コンポーネントのコンテンツ プロパティ タイプの値を定義できます。コンテンツ プロパティとは、エージェントがダウンロードを行う URL です。エージェントはローカルにダウンロードされたファイルへのファイル パスとして変数を使用します。ただし、ソフトウェア プロキシ設定を使用して、URL からではなく、プロキシ ホストを介してダウンロードすることができます。

software.http.proxyUser

プロキシ サーバへの認証に使用されるユーザー名を指定します。software.http.proxyPassword と組み合わせて使用します。

software.http.proxyUser 設定はオプションです。software.http.proxyUser 設定を使用する場合は、software.http.proxyPassword 設定が必要になります。

注:

ソフトウェア プロキシ設定を使用して、ソフトウェア コンポーネントのコンテンツ プロパティ タイプの値を定義できます。コンテンツ プロパティとは、エージェントがダウンロードを行う URL です。エージェントはローカルにダウンロードされたファイルへのファイル パスとして変数を使用します。ただし、ソフトウェア プロキシ設定を使用して、URL からではなく、プロキシ ホストを介してダウンロードすることができます。

software.http.noProxyList

プロキシ ホストを使用できないホストとポート(オプション)のリストを指定します。元のコンテンツ プロパティでは、リストのパターンと一致する URL から直接ダウンロードされます。プロキシ サーバが構成されている場合にのみ、software.http.noProxyList 設定は適用されます。たとえば、次のコンマ区切りリストでは次のようになります。

"buildweb.eng.vmware.com,confluence.eng.vmware.com:443,*.eng.vmware.com:80"

次の内容が適用されます。

  • ホストが「buildweb.eng.vmware.com」であるすべての URL では、プロキシ サーバを使用できません。

  • ホストが「confluence.eng.vmware.com」であり、ポートが 443 であるすべての URL では、プロキシ サーバを使用できません。

  • ホストが「eng.vmware.com」名前空間に含まれ、ポートが 80 であるすべての URL では、プロキシ サーバを使用できません。

注:

ソフトウェア プロキシ設定を使用して、ソフトウェア コンポーネントのコンテンツ プロパティ タイプの値を定義できます。コンテンツ プロパティとは、エージェントがダウンロードを行う URL です。エージェントはローカルにダウンロードされたファイルへのファイル パスとして変数を使用します。ただし、ソフトウェア プロキシ設定を使用して、URL からではなく、プロキシ ホストを介してダウンロードすることができます。