カスタム プロパティをネットワーク カスタム プロパティとして追加すると、サービス カタログ ユーザーは、アイテムを申請するときに、必要なネットワーク プロファイルの値を選択できるようになります。

始める前に

このタスクについて

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. ネットワーク カスタム プロパティの追加先のブループリントを選択し、編集 をクリックします。
  3. ターゲットの仮想マシンのコンポーネントをクリックします。

    仮想マシンの構成オプションがキャンバスに表示されます。

  4. ネットワーク タブをクリックします。
  5. 新規 をクリックします。
  6. [ネットワーク] ドロップダウン メニューでネットワーク プロファイルを選択し、OK をクリックします。
  7. 新しい行で カスタム プロパティの編集 をクリックします。
  8. ネットワーク カスタム プロパティを選択し、オプションを構成します。

    オプション

    説明

    名前

    プロパティ名は変更できません。

    (オプション)デフォルト値を入力します。

    暗号化済み

    vRealize Orchestrator アクションを実行するカスタム プロパティを追加するときは、値を暗号化しないでください。

    オーバーライド可能

    このオプションを選択すると、申請中のユーザーが申請フォームの値を選択できます。

    申請に表示

    このオプションを選択すると、申請中のユーザーがプロパティを確認して、申請フォームの値を選択できます。

  9. OK をクリックします。

    ネットワーク カスタム プロパティがブループリントに追加されます。

  10. 終了 をクリックします。
  11. ブループリントを公開します。

タスクの結果

ブループリントには、カスタム プロパティが含まれます。

次のタスク

申請フォームのカスタム プロパティをテストします。カタログ申請フォームのカスタム プロパティの確認を参照してください。